[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

羽生結弦が不屈のV! 直前アクシデントも魂の4分間に会場熱狂 重鎮タラソワ氏は喝采

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦ロステレコム杯は17日、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)で世界最高得点を更新した羽生結弦(ANA)が167.89点をマークし、合計278.42点で自身初のGPシリーズ連勝で通算10勝目。当日の公式練習で右足を痛めるアクシデントがありながら絶対王者が不屈の魂で2年ぶりのGPファイナル進出を決めた。

GPファイナル進出を決めた羽生結弦【写真:AP】
GPファイナル進出を決めた羽生結弦【写真:AP】

公式練習転倒で右足痛めるも合計278.42点でGP連勝&通算10勝&ファイナル確定

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦ロステレコム杯は17日、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)で世界最高得点を更新した羽生結弦(ANA)が167.89点をマークし、合計278.42点で自身初のGPシリーズ連勝で通算10勝目。当日の公式練習で右足を痛めるアクシデントがありながら絶対王者が不屈の魂で2年ぶりのGPファイナル進出を決めた。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 羽生が羽生に勝った。憧れのエフゲニー・プルシェンコ氏がかつて演じた「ニジンスキーに捧ぐ」をアレンジした「Origin」に乗せ、冒頭の4回転サルコウを着氷。続く4回転トウループも綺麗に決めた。中盤以降も演技構成を変えながら、4回転トウループ―1回転オイラー―3回転サルコーも挑戦。3回転アクセルで転倒するなどミスも出たが、最後まで堂々と演じ切った。

 決めポーズの後は苦笑いを浮かべた羽生。しかし、アクシデントを知る会場に熱狂を呼び、現地で解説を務めるロシアの重鎮タチアナ・タラソワ氏が立ち上がって拍手を送るなど、胸を張っていい演技だった。得点は167.89点。米国の名物記者ジャッキー・ウォン氏が魂の4分間のハイライトを動画付きで速報するなど、瞬く間に反響は広がっている。

 前日のSPでは自身がGP第3戦フィンランド大会で叩き出した世界記録を更新する110.53点をマーク。解説者を務めたタラソワ氏のほか、各国メディアに衝撃を与えた。この日は試合前の公式練習で転倒。ヒヤリとさせるアクシデントがあったが、どんな状況でも挑戦をやめないのが、羽生結弦という男だ。

 これでGPシリーズ通算10勝目を自身初のシーズン2連勝で飾った。見事に2年ぶりのファイナル進出を決めた羽生。モスクワの地で鮮烈なインパクトを残した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集