[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

米バスケの悪質肘打ち問題に広がる波紋 メディア続々報道、当人は謝罪「後悔してる」

米プロバスケットボール(NBA)候補生たちがしのぎを削る大学バスケットボールで信じられないようなプレーが起きた。シュートを決めた相手選手に対し、明らかに遅れたタイミングで顔面にエルボーを食らわせるシーンがSNSで拡散。愚行に対して大ブーイングが巻き起こっていたが、事件を起こした当人は「全ての人に謝罪したい」とコメントしている。米紙が報じている。

米バスケの悪質肘打ち問題に波紋が広がっている【写真:Getty Images】
米バスケの悪質肘打ち問題に波紋が広がっている【写真:Getty Images】

米大学バスケでの肘打ちを米メディアが続々報道

 米プロバスケットボール(NBA)候補生たちがしのぎを削る大学バスケットボールで信じられないようなプレーが起きた。シュートを決めた相手選手に対し、明らかに遅れたタイミングで顔面にエルボーを食らわせるシーンがSNSで拡散。愚行に対して大ブーイングが巻き起こっていたが、事件を起こした当人は「全ての人に謝罪したい」とコメントしている。米紙が報じている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 事件が起きたのは13日(日本時間14日)、フィッチバーグ州立大とニコルズ大の一戦。ニコルズ大のネイト・テナリアが3ポイントシュートを決めた直後だった。フィッチバーク州立大のクワン・プラットが、テナリアにつかつかと歩み寄ると、無防備な相手に対して顔面に強烈なエルボーを食らわせたのだ。

 不意打ちを食らったテナリアはその場に崩れ落ちるが、何事もなかったかのように立ち去ろうとするプラット。この行為を米メディアがSNSで動画で公開されると、ファンからは「野蛮」「吐き気がする」などと大ブーイングが上がっていたが、米メディアも続々と伝えている。

 米スポーツ専門局「ESPN」電子版は「クワン・プラットの愚かなプレーに対してフィッチバーグ州立大学に処分 彼はキャンパスから締め出される」と伝え、選手が停学処分となったことを報道。

 さらにはフィッチバーグ州立大学のディレクター、マット・バーグ氏の声明を紹介し、「プラットの名前はフィッチバーグ州立大学のホームページから削除された。彼は最近、リーグの週間MVPに輝いたばかりだった。しかし、リーグはその栄誉を退けた」と厳しい処分が下されたことを伝えている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集