[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ザギトワに続くのは? 15歳山下真瑚に米注目「GPファイナル出場権が手に入るかも」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦のロステレコム杯(ロシア・モスクワ)が16日、開幕する。女子シングルは平昌五輪・金メダリストの絶対女王アリーナ・ザギトワ(ロシア)が絶対視されているが、シニアデビューしたばかりの日本の15歳山下真瑚(中京大中京高)も注目の存在。米メディアもザギトワを本命としているが、山下についても「もしかするとファイナルのチケットが手に入るかもしれない」と期待をかけている。

ロステレコム杯に出場する15歳の山下が注目を浴びている【写真:Getty Images】
ロステレコム杯に出場する15歳の山下が注目を浴びている【写真:Getty Images】

米メディアがロステレコム杯をプレビュー、本命ザギトワに次ぐ候補に注目

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦のロステレコム杯(ロシア・モスクワ)が16日、開幕する。女子シングルは平昌五輪・金メダリストの絶対女王アリーナ・ザギトワ(ロシア)が絶対視されているが、シニアデビューしたばかりの日本の15歳山下真瑚(中京大中京高)も注目の存在。米メディアもザギトワを本命としているが、山下についても「もしかするとファイナルのチケットが手に入るかもしれない」と期待をかけている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 女王ザギトワに食らいつくのは誰なのか――。モスクワ決戦の行方を占っているのは、ジャッキー・ウォン記者のブログメディア「ロッカースケーティング」だった。

 まず金メダルの最有力候補として挙げたのは、女王ザギトワ。寸評では「五輪女王は2週間前にヘルシンキでチャンピオンになったが、自分の演技に満足していなかった。彼女はそれぞれのプログラムで大きなミスを犯した、以前は圧倒的な力を示していた」とフィンランド大会に続くGP2勝目の本命だとしている。

「しかし、彼女の今季開幕戦である9月のネーベルホルン杯では無垢な姿を見せ、2試合も制してここに来た。ヘルシンキのリベンジを果たすことを彼女は求めているだろう」とミスが出て215.29点にとどまった、ヘルシンキ大会のリベンジに期待していた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集