[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

驚異の勝率&引退しても輝く記録 野口みずきはいかにして頂点に立ったのか

「足が壊れるまで走りたい、という言葉通り、思う存分走り切れた」 引退会見で野口さんは清々しい笑顔を浮かべた。

20160709_noguchi

150センチと小柄ながら女子マラソンを牽引、その強さの秘訣とは

 女子マラソンの2004年アテネ五輪金メダリストで、2時間19分12秒の日本記録を持つ野口みずきさんが、今月15日に現役引退を表明した。マラソンは通算10戦5勝で、5割の高勝率。150センチと小柄な体格ながら、国内外で優勝を重ねることができた強さはどこにあったのか。

「足が壊れるまで走りたい、という言葉通り、思う存分走り切れた」

 引退会見で野口さんは清々しい笑顔を浮かべた。ストライド(歩幅)の広さが最大の武器。本人が全盛期と振り返る07年には、身長150センチを超える約151センチのストライドを手にしていた。

 一般的に歩幅は身長の80~90%前後とされ、身長を超えるのは珍しい。2000年シドニー五輪金メダルの高橋尚子さんはピッチ走法で、身長163センチに対して約140センチだった。身長が低い野口さんだが、Qちゃん超えの広い歩幅で省エネの走りを実現。体格が小さくても勝てる技術を身に着けた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集