[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 宇野昌磨、五輪銀メダリストの貫禄 GP連勝に海外賛辞「タイトル2つをコンプリート」

宇野昌磨、五輪銀メダリストの貫禄 GP連勝に海外賛辞「タイトル2つをコンプリート」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦NHK杯は10日、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の宇野昌磨(トヨタ自動車)が183.96点の合計276.45点で初優勝。GPシリーズ連勝を飾り、ファイナル進出を決めた。3位に入ったマッテオ・リッツォ(イタリア)は宇野が可愛らしくオリーブ冠を被った“自撮り3ショット”を公開し、ファンの視線を集めているが、平昌五輪銀メダリストの貫禄を見せつけた20歳に対し、海外メディアも「タイトル2つをコンプリート」と賛辞を送っている。

宇野昌磨【写真:Getty Images】
宇野昌磨【写真:Getty Images】

自身初のGP連勝、五輪専門サイト「GPファイナルに向けて十分な優勝」

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦NHK杯は10日、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の宇野昌磨(トヨタ自動車)が183.96点の合計276.45点で初優勝。GPシリーズ連勝を飾り、ファイナル進出を決めた。3位に入ったマッテオ・リッツォ(イタリア)は宇野が可愛らしくオリーブ冠を被った“自撮り3ショット”を公開し、ファンの視線を集めているが、平昌五輪銀メダリストの貫禄を見せつけた20歳に対し、海外メディアも「タイトル2つをコンプリート」と賛辞を送っている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 母国のファンの前で最高の結果を届けた。宇野は連続ジャンプが単発になるなどしたが、地力の違いを見せつけて優勝。表彰式後のリンク上では3位のリッツォが可愛らしくオリーブ冠を被った宇野とともに表彰台トリオの写真を自身のSNSで公開し、反響を集めているが、海外メディアも演技を高く評価した。

 IOCが運営する五輪専門サイト「オリンピックチャンネル」も「ショウマ・ウノはGPシリーズで2つのタイトルをコンプリートした」と見出しを打って特集している。

「ショウマ・ウノは来月のGPファイナルに向けてNHK杯で十分な優勝を収めた」と記した上で「スケートカナダでの優勝以来の一戦で、ロシア人(ボロノフ)に20点以上もの差をつけての十分な勝利。今季GPシリーズで2勝目を挙げた」と大差をつけた圧勝をレポート。「20歳の技術点はボロノフの80.55に対して94.18点。彼の演技はリンク上で最も高いものだった」と評価している。

 自身初めてGPシリーズ連勝を飾り、ファイナル進出も決定。逞しさを増しつつある20歳が、トップ決戦でどんな演技を見せてくれるのか。12月が今から待ち遠しい。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー