[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 高橋礼、“188cm下手投げ投法”が再生20万超 MLB熱視線「このサブマリンは美しい」

高橋礼、“188cm下手投げ投法”が再生20万超 MLB熱視線「このサブマリンは美しい」

連日、熱戦が繰り広げられている日米野球。侍ジャパンとMLB選抜がしのぎを削っているが、互いに特徴の異なるぶつかり合いでMLBが意外な興味を持っているのが、侍ジャパンが誇るサブマリン右腕・高橋礼(ソフトバンク)の投球フォームだ。美しい下手投げの動作を公式ツイッターに動画付きで公開すると再生20万回を突破し、米ファンに「ビューティフル」「何だ、これは!」と注目を集めている。

ソフトバンクの高橋礼【写真:Getty Images】
ソフトバンクの高橋礼【写真:Getty Images】

サブマリン右腕の投球フォームをMLBが公開「このスローのサブマリンは美しい」

 連日、熱戦が繰り広げられている日米野球。侍ジャパンとMLB選抜がしのぎを削っているが、互いに特徴の異なるぶつかり合いでMLBが意外な興味を持っているのが、侍ジャパンが誇るサブマリン右腕・高橋礼(ソフトバンク)の投球フォームだ。美しい下手投げの動作を公式ツイッターに動画付きで公開すると再生20万回を突破し、米ファンに「ビューティフル」「何だ、これは!」と注目を集めている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 日本球界でも希少価値の高いサブマリン右腕にMLBも注目した。スポットライトを浴びたのは今季1年目の23歳・高橋だ。第1戦に4番手で侍デビューを果たすと、2イニングで2四死球を出しながら1安打3奪三振で無失点と好投。すると、MLB公式ツイッターは「このスローモーションのサブマリンは美しい」とつづり、1本の動画を公開した。

 東京ドームのマウンド。セットポジションから投球モーションに入ると、188センチの長身を折りたたみ、右腕を足元から振る。安定した下半身から体の軸をぶらさず、浮き上がらせるようにして白球を放っている。そんな様子をスローモーションにして披露。下手投げ投手はいるが、190センチ近い長身選手は珍しい。よほどインパクトが強かったのだろう。

 それを証明するように動画は公開から1日で20万回を突破。米ファンの視線を釘付けにしている。「ビューティフル!」「未来のアストロズ」「何だ、これは!」「この投法は野球では大丈夫なのかい?」「綺麗だ」「私はサブマリンが大好きだ」とコメントが相次ぎ、「マキタのよう」とMLBに在籍する牧田和久になぞらえる声も上がり、反響を呼んだ。

 国際舞台では有効となるサブマリン投法。日米野球の舞台で一躍、海の向こうから注目を集めた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー