[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 羽生結弦、衝撃の世界新を欧米メディアが続々称賛「手に負えない記録」「鮮やか」

羽生結弦、衝撃の世界新を欧米メディアが続々称賛「手に負えない記録」「鮮やか」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦フィンランド大会は4日、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の羽生結弦(ANA)が190.43点、合計297.12点でともに今季世界最高点で優勝。世界初となる4回転トウループ―3回転アクセルの連続技を着氷するなど、歴史的快挙を成し遂げ、2位のミハル・ブレジナ(チェコ)に40点近い差をつけて金メダルを獲得した。王者の滑りに海外メディアからは「手に負えない記録で優勝」「鮮やかなフィニッシュ」などと続々と称賛の声が上がっている。

羽生結弦【写真:Getty Images】
羽生結弦【写真:Getty Images】

新ルールでマークした世界最高得点の圧勝を海外メディアも続々報道

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦フィンランド大会は4日、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の羽生結弦(ANA)が190.43点、合計297.12点でともに今季世界最高点で優勝。世界初となる4回転トウループ―3回転アクセルの連続技を着氷するなど、歴史的快挙を成し遂げ、2位のミハル・ブレジナ(チェコ)に40点近い差をつけて金メダルを獲得した。王者の滑りに海外メディアからは「手に負えない記録で優勝」「鮮やかなフィニッシュ」などと続々と称賛の声が上がっている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 観る者を魅了した。敬愛するエフゲニー・プルシェンコ(ロシア)が演じた「ニジンスキーに捧ぐ」をオマージュしたフリーの新プログラム。演技後半には、4回転トウループからの3回転アクセルを決めた。必死に堪えながら見事に着氷。歴史に新たな1ページを刻む圧倒的な演技で、自身のGPシリーズ初戦を制した。

 演技後には表彰台で、銀のブレジナ、銅メダルのチャ・ジュンファン(韓国)と共に、柔和な笑みを浮かべながらポーズを決め、「楽しそう」などとファンを喜ばせていた羽生だが、海外メディアからも賛辞が相次いでいる。

 米フィギュア専門誌「IFSマガジン」は「ユヅル・ハニュウが手に負えない記録で優勝した」と題してフィンランド大会をレポートした。

「ハニュウは190.43ポイントの記録を見た時、明らかにがっかりしているように見えた。『本当に?』という表情をしていた。それでも2度の五輪王者は合計297.12ポイントを記録し、39.14ポイント差をつけての圧勝を収めた」と羽生のキス・アンド・クライでの表情を描写し、圧勝ぶりを称えている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー