[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • コラム
  • 世界体操で日本は何を得たのか 女子初出場18歳の健闘と、内村航平の健在の意味

世界体操で日本は何を得たのか 女子初出場18歳の健闘と、内村航平の健在の意味

体操の世界選手権(カタール・ドーハ)は3日に全日程を終了。男子団体は東京五輪出場を決め、女子は村上茉愛(日体大)が日本女子初の個人総合銀メダルを獲得した。「THE ANSWER」では元日本代表の岡部紗季子さんに今大会の総括、東京五輪に向けての日本の課題を語ってもらった。

女子個人総合で銀メダルの村上(左)と男子鉄棒で銀メダルの内村【写真:Getty Images】
女子個人総合で銀メダルの村上(左)と男子鉄棒で銀メダルの内村【写真:Getty Images】

元日本代表・岡部紗季子さんが見る今大会の総括と東京五輪に向けた課題

 体操の世界選手権(カタール・ドーハ)は3日に全日程を終了。男子団体は東京五輪出場を決め、女子は村上茉愛(日体大)が日本女子初の個人総合銀メダルを獲得した。「THE ANSWER」では元日本代表の岡部紗季子さんに今大会の総括、東京五輪に向けての日本の課題を語ってもらった。

 今大会のハイライトは何といっても、日本女子体操界初となる、村上の個人総合銀メダルだ。

「村上選手本人も試合後に話していましたが、今大会はとにかくは大きな舞台で一つもミスがなかった点に成長を感じました。そして、銀メダルという結果に結びついたことも、今後、世界で戦っていく上で自信になったと思います」

 一方、東京五輪に向けて浮き彫りとなった課題の一つに、選手層の厚さが挙げられるだろう。日本は団体戦こそ6位入賞を果たしたが、種目別ではゆかの村上以外、一人も決勝に残っていない。

「団体戦で日本と同等の得点だった中国やカナダは、種目別にも2人、3人と選手が残っています。その他の国も若い選手が出場し、失敗を恐れずにチャレンジする姿が印象に残りました。彼らは大きな舞台で経験を積み、来年、再来年とどんどん力もつけてくるはず。

 それこそ、チームの4番手、5番手の選手が出場してもおかしくない環境にあると思います。今大会の日本は団体戦でも、3選手が全種目を演技することがベストの状況でした。今後は代表候補たちの力の底上げと、村上選手に頼らずとも勝てるチーム作りを期待したいです」

 そんな中、岡部さんは世界選手権初出場の18歳・畠田瞳(目黒セントラルスポーツ)の健闘を称える。

「団体戦の1番手はチームの流れを決める大役。かかるプレッシャーは、個人種目よりも大きい。その中でミスなく次の選手へとつなげていけたのは、畠田選手自身、そして日本にとって大きな収穫です」

 さて、女子は今大会もシモーネ・バイルズ(米国)が圧倒的な強さを見せつけたが、「唯一無二の存在を印象付けた」と岡部さんが話すのは、168センチの長身選手、ニナ・デルバール(ベルギー)。段違い平行棒ではバイルズを抑えての金メダルだった。

1 2

岡部 紗季子

 1988年5月16日、東京都生まれ。朝日生命体操クラブ出身。4歳で体操を始める。02年、ナショナルチームメンバー初選抜。明大では2大会連続ユニバーシアード代表に選出。得意種目はゆか。

 引退後は明大コーチを経て、体操教室で指導を行う。TBS系「KUNOICHI」でも活躍。自身のインスタグラムでは街や海など様々な場所で逆立ちやバック転などアクロバティックな技を披露し、人気を博している。

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌、フリーランスを経て編集ユニット、Lush!を設立。インタビューや健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌、WEBなどで編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(共に中野ジェームズ修一著、サンマーク出版)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、サンマーク出版)、『肩こりには脇もみが効く』(藤本靖著、マガシンハウス)、『カチコチ体が10秒でみるみるやわらかくなるストレッチ』(永井峻著、高橋書店)など。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー