[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 坂本花織、意地の逆襲劇に海外メディア賛辞「彼女はカモメだ。我々は飛翔を眺める」

坂本花織、意地の逆襲劇に海外メディア賛辞「彼女はカモメだ。我々は飛翔を眺める」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦フィンランド大会は2日(日本時間3日)、ショートプログラム(SP)7位の坂本花織(シスメックス)が140.16点で巻き返し、合計197.42点で3位に入った。見事に表彰台に立った18歳は、演技後に優勝したアリーナ・ザギトワ(ロシア)らとおちゃめに抱擁するシーンをフィンランドスケート協会が画像付きで公開していたが、海外メディアも「前日から大きく挽回」「感情豊かな演技。彼女はカモメだ」と逆襲劇を高く評価している。

坂本花織【写真:Getty Images】
坂本花織【写真:Getty Images】

SP7位から逆転表彰台の好演に相次ぐ賛辞「我々は陸から彼女の飛翔を眺めている」

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦フィンランド大会は2日(日本時間3日)、ショートプログラム(SP)7位の坂本花織(シスメックス)が140.16点で巻き返し、合計197.42点で3位に入った。見事に表彰台に立った18歳は、演技後に優勝したアリーナ・ザギトワ(ロシア)らとおちゃめに抱擁するシーンをフィンランドスケート協会が画像付きで公開していたが、海外メディアも「前日から大きく挽回」「感情豊かな演技。彼女はカモメだ」と逆襲劇を高く評価している。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 会心のガッツポーズが炸裂した。SPで7位と出遅れた坂本。苦しい状況となりながら、プレッシャーを見事に跳ね返した。7本のジャンプで大きなミスなく着氷。華麗にフィンランドの銀盤を舞い、フリー2位となる140.16点を叩き出した。逆転表彰台に上り、笑顔がトレードマークの18歳に、らしい表情が垣間見えた。

 フィンランドスケート協会は優勝したザギトワ、2位に入ったコンスタンチノワと表彰台に上った3人が会見で満面の笑みを浮かべ、おちゃめにハグを交わすシーンを「ポーズを取って」とつづって公開。華やかに現地を彩ったが、海外メディアも圧巻の逆襲劇を演じた坂本を高く評価している。

 フィギュア界に20年以上携っている米国の名物記者ジャッキー・ウォン氏は演技直後に「よくやった!! 前日から大きく挽回。もう今、言っておく。これはメダルに届く」とツイート。さらに、ルーマニアのフロレンティナ・トーン記者が展開するスケート専門メディア「インサイドスケーティング」ツイッターは「カオリ・サカモトの感情豊かな演技を見よ。彼女はカモメだ。そして我々は陸の上から彼女の飛翔を眺めている」と空を優雅に舞うカモメに例え、情緒たっぷりに賛辞をつづった。

 2位に入ったスケートアメリカに続く表彰台。GPファイナル進出へ向けても価値のある結果を残し、GPシリーズ2戦を終えた。まだまだ成長の余地を残す18歳の本領発揮はここからだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー