[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 「デレク、君の功績は…」 神様ジョーダンからジーターへ「感動」の手紙、米国で話題に

「デレク、君の功績は…」 神様ジョーダンからジーターへ「感動」の手紙、米国で話題に

米大リーグで5度の世界一を達成するなど数々の伝説を打ち立て、ヤンキース一筋で20年を過ごした元主将、デレク・ジーター氏。引退3年目を迎えた今年、14日(日本時間15日)に背番号2を永久欠番とするセレモニーが現役時代の本拠地、ヤンキースタジアムで行われる。

14日に永久欠番セレモニーのジーターに粋な手紙を公開、ファン「感動的な言葉だ」

 米大リーグで5度の世界一を達成するなど数々の伝説を打ち立て、ヤンキース一筋で20年を過ごした元主将、デレク・ジーター氏。引退3年目を迎えた今年、14日(日本時間15日)に背番号2を永久欠番とするセレモニーが現役時代の本拠地、ヤンキースタジアムで行われる。記念すべき日に先立ち、バスケットボールの神様、マイケル・ジョーダン氏がジーター氏へ祝福の手紙を送り、ファンから「感動的な言葉だ」と話題を呼んでいる。

「神様」から「レジェンド」へ、粋な手紙は、ジーター氏が運営するウェブサイト「プレイヤーズ・トリビューン」で公開された。

 2人はジョーダン氏が野球に転向し、ホワイトソックス傘下のマイナーでプレーした94年に対戦した経験があり、以来、親交があったという。以来、ジーター氏はワールドシリーズ制覇5度、オールスター出場14度など、輝かしい実績を残し、メジャー史に残る名選手に成長した。

 そして、40歳だった14年限りで現役を引退。当時行われた引退セレモニーにジョーダン氏がサプライズゲストとして参加し、全米に興奮を呼んでいた。ジーター氏の代名詞、背番号2は名門ヤンキースで永久欠番となり、固い絆で結ばれた2人にとって、そのセレモニーは特別な日。ジョーダン氏は思いの大きさを表すように、偉大な友人へ手紙を寄せた。

 全文は以下の通り。

1 2 3 4
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー