[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • なぜ、PKより近いのに防げるのか… 仏1部GKの“7mの超人的反応セーブ”に海外驚愕

なぜ、PKより近いのに防げるのか… 仏1部GKの“7mの超人的反応セーブ”に海外驚愕

海外サッカーで、1対1の決定的場面で7メートルの距離から放たれた弾丸シュートを守護神が見事にブロック。超人的な反射神経を見せ、スーパーセーブが炸裂した。海外メディアが続々と脚光を浴びせ、「目覚ましい反射神経」などと賛辞を送っている。

フランスリーグ1部レンヌのセネガル代表GKアブドゥライェ・ジャロ【写真:Getty Images】
フランスリーグ1部レンヌのセネガル代表GKアブドゥライェ・ジャロ【写真:Getty Images】

レンヌのセネガル代表GKジャロが演じた超セーブに脚光「目覚ましい反射神経」

 海外サッカーで、1対1の決定的場面で7メートルの距離から放たれた弾丸シュートを守護神が見事にブロック。超人的な反射神経を見せ、スーパーセーブが炸裂した。海外メディアが続々と脚光を浴びせ、「目覚ましい反射神経」などと賛辞を送っている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 誰もがゴールを覚悟した。しかし、超人的な反応でスーパーセーブを演じたのは、フランスリーグ1部レンヌのセネガル代表GKアブドゥライェ・ジャロだった。20日(日本時間21日)のサンテティエンヌ戦、1-1で迎えた前半41分だった。

 相手MFディオスが左サイドから中央に切れ込み、FWカッズリにパス。すると、背番号10は巧みなワンタッチから反転してディフェンスラインを突破し、エリア内に侵入した。GKとの1対1。カッズリはペナルティアークより前から右足を思い切り振り抜き、弾丸のようなシュートでゴール左サイドを狙った。しかし、次の瞬間だった。

 ジャロはコースを読み切って反応。体を倒しながら至近距離から右手にかすかに当てると、左ポストに当たり、跳ね返ってゴールライン上をコロコロ。これにすぐさま飛びつき、間一髪のところでセーブしてみせたのだ。信じられないセーブに騒然とする敵地スタジアム。打ったカッズリも「嘘だろ」とでも言いたげな表情で、悔しげにネットを掴んでいた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー