[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 井上尚弥、激突ロドリゲスと“無敗王者の共演”の1枚が大反響「最強対最強の対決」

井上尚弥、激突ロドリゲスと“無敗王者の共演”の1枚が大反響「最強対最強の対決」

ボクシングのWBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)はワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)準決勝でIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と対戦することが決まった。20日(日本時間21日)に行われた1回戦のロドリゲス戦を視察し、試合後はリング上でフェイスオフ。早くも“無敗王者の共演”が実現した様子を自身のインスタグラムに画像付きで公開して決意をつづると、ファンからは「その赤いベルト巻く姿楽しみにしてます」「最強対最強の対決」と大反響を呼んでいる。

WBSS準決勝でロドリゲスと対戦する井上尚弥【写真:Getty Images】
WBSS準決勝でロドリゲスと対戦する井上尚弥【写真:Getty Images】

次戦激突IBF王者とリング上で対面した1枚をSNS公開、「最強対最強の対決」の声

 ボクシングのWBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)はワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)準決勝でIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と対戦することが決まった。20日(日本時間21日)に行われた1回戦のロドリゲス戦を視察し、試合後はリング上でフェイスオフ。早くも“無敗王者の共演”が実現した様子を自身のインスタグラムに画像付きで公開して決意をつづると、ファンからは「その赤いベルト巻く姿楽しみにしてます」「最強対最強の対決」と大反響を呼んでいる。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 モンスターが次にターゲットに定めるのは、赤いベルトだ。かつて敗れたことが1度もない、無敗同士の王者が拳をまみえる統一戦。ロドリゲスがジェイソン・マロニー(オーストラリア)を破った直後、井上が公開したのは1枚の画像だった。

 黒のVネックシャツに爽やかなブルーのジャケットで決めた井上。カメラ目線で指差した隣の男はロドリゲスだ。12ラウンドを戦い抜き、勝利した達成感からか、誇らしげな表情を浮かべ、IBFのチャンピオンベルトを巻いて左手でサムアップを決めた。WBSSプロモーター、カレ・ザワーランド氏が両者の間に立ち、早くも無敗王者の共演が実現した瞬間だ。

 投稿では「次戦の対戦相手が決定しました。IBF王者ロドリゲスとの統一戦です!!」と報告。その上で「いよいよ待ち望んだ統一戦が叶う時が来た。来年春までまだ時間があるのでしっかりと練習を積んで備えます!! 会場はおそらくアメリカになると思うので皆さん楽しみに期待しててください!!」と念願の統一戦に対する心境をつづり、声援を呼び掛けた。

 早くも実現した対面にファンも興奮した様子だった。「その赤いベルト巻く姿楽しみにしてます」「良い写真だな~」「この対戦カード熱すぎる」「来年一番の楽しみです!」「勝つ姿しか想像できません」「最強対最強の対決」などとコメントが殺到し、2万5000件を超える「いいね!」が集まっていた。

 舞台は来春で米西海岸が有力視されているが、本人もファンも待ち切れない一戦、果たして、どんな戦いとなるのか。IBF王座のベルトを狙うモンスター待望の統一戦のゴングが待ち遠しい。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー