[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 久保建英、“俊輔級FK弾”にスペイン記者が賛辞「日本人が彼に熱狂するのは普通」

久保建英、“俊輔級FK弾”にスペイン記者が賛辞「日本人が彼に熱狂するのは普通」

サッカーのU-20ワールドカップ(W杯)ポーランド大会予選を兼ねたU-19アジア選手権は19日、日本は北朝鮮を5-2で撃破。沸かせたのは、17歳MF久保建英(横浜M)の決勝30メートルFK弾だ。米スポーツ専門局「FOXスポーツ」アジア版は芸術的な一撃を賛辞とともに動画付きで公開すると、海外ファンに「中村(俊輔)ジュニアだ」などと絶賛を呼んだが、かつて久保が研鑽を積んだスペインの地元紙記者は「日本人が彼に熱狂するのは普通のこと」と最大級の敬意を伝えている。

久保建英【写真:Getty Images】
久保建英【写真:Getty Images】

天才の才能を磨いた“第2の母国”の記者が敬意「タケフサ・クボは見事だった」

 サッカーのU-20ワールドカップ(W杯)ポーランド大会予選を兼ねたU-19アジア選手権は19日、日本代表は北朝鮮を5-2で撃破。沸かせたのは、17歳MF久保建英(横浜M)の決勝30メートルFK弾だ。米スポーツ専門局「FOXスポーツ」アジア版は芸術的な一撃を賛辞とともに動画付きで公開すると、海外ファンに「中村(俊輔)ジュニアだ」などと絶賛を呼んだが、かつて久保が研鑽を積んだスペインの地元紙記者は「日本人が彼に熱狂するのは普通のこと」と最大級の敬意を伝えている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 スペインの地で才能を磨いた日本の天才が魅せた。2-2で迎えた後半20分。中央やや右寄り、約30メートルの位置でFKを得ると、ボールを置いたのは久保だ。そして、短い助走から左足を一閃。放たれたボールは壁を越え、鋭く曲がりながらゴール右隅へ。コース、速さ、どれをとっても完璧な軌道を描いた一撃に飛びついたGKも触ることすらできず。そのままゴールに吸い込まれた。

 値千金の勝ち越しゴールに背番号9は雄叫びを上げながらベンチ方向へ駆け出した。悔しがって北朝鮮選手がボールを自軍ゴールに蹴り込むのとは対照的に歓喜を爆発させていた。「FOXスポーツ」アジア版は「日本の久保建英によるフリーキックの蹴り方」とつづり、芸術的なゴラッソを動画付きで公開。日本の逸材を目の当たりにした海外ファンも感嘆を漏らした。

 反響はファンにとどまらない。スペイン紙「AS」で記者を務めるアリトス・ガビロンド氏は「U-19アジア大会のタケフサ・クボは見事だった。日本人が彼に熱狂するのは普通のこと。彼は2001年生まれだ」とツイート。バルセロナの下部組織で育った才能にを高く評価していた。成長途上にある17歳はどこまで成長してくれるのか。サムライブルーでの躍動に期待したい。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー