[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • コラム
  • 村田諒太の世界戦独占生中継 「DAZN」CEOの新たな野望「もちろん井上選手も魅力的」

村田諒太の世界戦独占生中継 「DAZN」CEOの新たな野望「もちろん井上選手も魅力的」

ボクシングのWBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)が米ラスベガスで同級3位ロブ・ブラント(米国)と2度目の防衛戦(日本時間21日)に挑む。この一戦を独占生中継する「DAZN」は「村田史上最大の挑戦を見逃すな!!」と銘打って、連日大プロモーションを展開している。日本人ボクシング選手の試合を日本国内でライブ中継することはDAZNとしても初の施策。“黒船”として日本スポーツ界に衝撃を与えたDAZNのジェームズ・ラシュトンCEOが日本メディアのインタビューに応じ、今後の展開、そしてさらなる野望を語った。

DAZNのジェームズ・ラシュトンCEO【写真:荒川祐史】
DAZNのジェームズ・ラシュトンCEO【写真:荒川祐史】

DAZNのラシュトンCEOがインタビューに応じる

 ボクシングのWBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)が米ラスベガスで同級3位ロブ・ブラント(米国)と2度目の防衛戦(日本時間21日)に挑む。この一戦を独占生中継する「DAZN」は「村田史上最大の挑戦を見逃すな!!」と銘打って、連日大プロモーションを展開している。日本人ボクシング選手の試合を日本国内でライブ中継することはDAZNとしても初の施策。“黒船”として日本スポーツ界に衝撃を与えたDAZNのジェームズ・ラシュトンCEOが現地で日本メディアのインタビューに応じ、今後の展開、そしてさらなる野望を語った。

 ◇ ◇ ◇

――日本での加入者数は順調に増えているのか?

「具体的な数字は言えないが、ターゲットは順調に伸びている。今年はJリーグも2年目ですし、プロ野球も11球団放映することもできました。秋からはUEFAチャンピオンズリーグも独占ということで、非常にコンテンツも充実してきました。日本でブロードキャスターとしてトップになれてきたかなと自負している」

――現状、米国と日本とで扱うスポーツには違いがある。将来のビジョンは?

「米国でも日本と同じように沢山のスポーツコンテンツで立ち上げたかったのですが、米国においては、ほかのスポーツの放映権は2022、23年くらいまでロックダウンされていますので、今はこのようなコンテンツとなっています。まず米国ではファイトスポーツがメイン。マッチルーム(※1)から始まり、先日発表したGBP(※2)との提携。ファイトスポーツに対してコンテンツもそろってきています。これまでのペイバービュー(有料放送の課金システム)はファンにとっても、手頃な価格ではありませんでしたが、今回は1プラットフォーム1プライスというところで、手軽にお楽しみ頂けます。ファンにとってもフェアでもあるし、それによる収入はボクサー、プロモーターへの還元ができると思っています」

(※1)5月に英国のプロモーション会社「マッチルーム・ボクシング」と8年10億ドルで提携を発表。

(※2)米国のプロモーション会社「ゴールデンボーイ・プロモーションズ(GOLDEN BOY PROMOTIONS)」と5年間のグローバル放映パートナーシップ契約を締結。ボクシング界のスーパースター、サウル・“カネロ”・アルバレス(メキシコ)とは5年間11試合で最低でも総額3億6500万ドル(約410億円)という破格契約を結んだ。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー