[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 錦織らに「抜かれることは十分ある」 最終戦出場争い“1つ上”ティエム陣営が警戒

錦織らに「抜かれることは十分ある」 最終戦出場争い“1つ上”ティエム陣営が警戒

男子テニスの世界ランク11位・錦織圭(日清食品)は次戦のエルステバンク・オープン(22日開幕)に向けて現地ウィーン入りし、練習を行ったことを動画付きで報告。「調子はどう? 良いと願ってます」と海外ファンから躍進を期待する声が上がっていた。そんな中、正念場を迎えているATPファイナル出場争いについて、年間ポイントランキングで1つ上位に位置するドミニク・ティエム(オーストリア)陣営が「(錦織らに)抜かれることは十分あり得る」と警戒している。

錦織圭【写真:Getty Images】
錦織圭【写真:Getty Images】

8位ティエムのコーチが9位錦織、10位イスナーを警戒「2人に抜かれることは十分ある」

 男子テニスの世界ランク11位・錦織圭(日清食品)は次戦のエルステバンク・オープン(22日開幕)に向けて現地ウィーン入りし、練習を行ったことを動画付きで報告。「調子はどう? 良いと願ってます」と海外ファンから躍進を期待する声が上がっていた。そんな中、正念場を迎えているATPファイナル出場争いについて、年間ポイントランキングで1つ上位に位置するドミニク・ティエム(オーストリア)陣営が「(錦織らに)抜かれることは十分あり得る」と警戒している。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 8枠しかないATPファイナルの出場権争いは最終盤で熱を帯びてきた。年間ポイントランク3位で出場を確実にしていたフアン・マルティン・デルポトロ(アルゼンチン)が負傷により離脱。出場は絶望となり、15日付の最新ランクで9位につけていた錦織が“圏内”に浮上。しかし、10位のジョン・イスナー(米国)とのわずか差は70ポイントで一騎打ちの様相を呈していた。

 ただ、錦織の1つ上の8位にランクするティエム陣営も気は抜いていないようだ。母国オーストリアの公共放送「ORF」によると、コーチを務めるギュンター・ブレスニク氏は「彼(ティエム)が2人に抜かれることは十分にありうる」と語ったという。その理由については以下のように述べたと伝えている。

「パリ・マスターズ(29日開幕)は、その年さっぱり勝てなかった選手が優勝したり、不思議な結果になることが多々ある。ジョン・イスナーとニシコリは出場試合数が少ないので、ポイントがほぼ全て加算されていく。理論上、イスナーはこの3週間で1700ポイント積み上げることができるのだから」

 このように語ったブレスニク氏。警戒心は緩めていないようだ。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー