[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ドラフト1位候補はこの12人 吉田、根尾、藤原は競合必至!? 大学生は東洋大トリオ

今夏の甲子園で準優勝した金足農(秋田)の吉田輝星投手(3年)が10日、プロ志望届を提出。午後には秋田市内の同校で進路表明会見を行った。11日の締め切りを前にプロ志望を正式に表明したみちのくの剛腕。ドラフト1位での競合は確実で、大きな注目を浴びている。高校生に競合必至の好素材が多いと言われる2018年のドラフト。1位指名候補12人をピックアップしてみた。

侍ジャパンにも選出された金足農・吉田輝星もプロ志望届を提出【写真:Getty Images】
侍ジャパンにも選出された金足農・吉田輝星もプロ志望届を提出【写真:Getty Images】

吉田、根尾、藤原らは競合必至

 今夏の甲子園で準優勝した金足農(秋田)の吉田輝星投手(3年)が10日、プロ志望届を提出。午後には秋田市内の同校で進路表明会見を行った。11日の締め切りを前にプロ志望を正式に表明したみちのくの剛腕。ドラフト1位での競合は確実で、大きな注目を浴びている。高校生に競合必至の好素材が多いと言われる2018年のドラフト。1位指名候補12人をピックアップしてみた。

【特集】「夢を与えてあげてください」世界一を知る名将が日本の指導者に贈る言葉(GROWINGへ)

〇吉田輝星(金足農・投手)
 最速152キロの直球を武器に甲子園準V。U18アジア選手権にも出場。制球力も良く三振も奪える。9回でも150キロ台を投げるスタミナも武器。フィールディングも良く総合力が高い。文句なしの将来のエース候補だ。

〇根尾昂(大阪桐蔭・内野手)
 投げては140キロ台後半を計測。打撃のセンスも抜群で、俊足強肩と三拍子兼ね備えている。高校生離れしたクレバーなプレーも評価されており、将来は球界を代表する野手に育つ可能性が高い。すでに中日が1位指名を公表している。

〇藤原恭大(大阪桐蔭・外野手)
 高校通算32本塁打。走っては50メートル5秒台。投げても140キロ超の強肩。抜群の身体能力を兼ね備える高校球界NO1外野手だ。吉田、根尾と並び競合する可能性が高い今秋の目玉候補だ。

〇小園海斗(報徳学園・内野手)
 3拍子揃った遊撃手。名門・報徳学園で1年からレギュラー。守備範囲の広さはすでにプロレベルの声も。中学時代は藤原とチームメートだった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集