[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

レブロン、5秒間の衝撃! 圧巻の“コースト・トゥ・コースト”に米驚愕「何てダンク」

米プロバスケットボール(NBA)のスーパースター、レブロン・ジェームズ(レイカーズ)が滞空時間の長い、仰天のスーパーワンハンドダンクを披露。ファンの度肝を抜いている。レイカーズが公式ツイッターで動画を公開。「どうやってあれだけの距離を跳べるんだ」「何てダンクだ」などと驚愕の声が相次いでいる。

レブロン・ジェームズ【写真:Getty Images】
レブロン・ジェームズ【写真:Getty Images】

レブロンが衝撃の“コースト・トゥ・コースト”披露、現地ファン仰天させる

 米プロバスケットボール(NBA)のスーパースター、レブロン・ジェームズ(レイカーズ)が滞空時間の長い、仰天のスーパーワンハンドダンクを披露。ファンの度肝を抜いている。レイカーズが公式ツイッターで動画を公開。「どうやってあれだけの距離を跳べるんだ」「何てダンクだ」などと驚愕の声が相次いでいる。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 2日(日本時間3日)に行われたプレシーズンゲーム。ナゲッツ戦でレブロンは待望のホーム、ステイプルズ・センターデビューを飾った。衝撃のシーンは第1クオーターだ。リバウンドを奪ったレブロンがそのままドリブルでボールを運び、3ポイントエリアからジャンプ。ワンハンドダンクを豪快に叩き込み、圧巻の“コースト・トゥ・コースト”を決めて見せたのだ。

 わずか5秒間の衝撃――。このシーンを公開したチームのSNSには、ファンからの反響が殺到している。

「ハンマーダンク」
「ショータイム!」
「34歳になるというのに、どうやってあれだけの距離を跳べるんだ。」
「これぞキング」
「何てダンクだ」
「3ポイントラインから…」
「こういうのをたくさん見たいよね」
「東海岸から西海岸へ」

 などと驚愕の声が相次いでいた。

 レブロンは15分の出場で13得点をマーク。チームは敗れたが、プレシーズンから圧倒的な存在感を見せつけている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集