[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

打った選手に直撃… “HR危険返球”の張本人が回想「オォ、これは大ごとかもな…」

米大リーグで本塁打を打った選手に対し、観客が客席からボールを投げ返し、走塁中の選手にぶつけるという事態が発生。“危険返球”の一部始終をMLBが動画付きで公開し、ファンからは「凄い肩」「恥ずべき行為」と賛否の声が上がり、米メディアも続々と報道するなど、波紋を呼んでいたが、今度は投げ返した当事者のファンがメディアに登場。スタントンに対し、謝罪している。

珍事に巻き込まれたヤンキースのジャンカルロ・スタントン【写真:Getty Images】
珍事に巻き込まれたヤンキースのジャンカルロ・スタントン【写真:Getty Images】

スタントンにボールを直撃させたファンが米メディアに登場

 米大リーグで本塁打を打った選手に対し、観客が客席からボールを投げ返し、走塁中の選手にぶつけるという事態が発生。“危険返球”の一部始終をMLBが動画付きで公開し、ファンからは「凄い肩」「恥ずべき行為」と賛否の声が上がり、米メディアも続々と報道するなど、波紋を呼んでいたが、今度は投げ返した当事者のファンがメディアに登場。スタントンに対し、謝罪している。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 問題となっているのは、29日(日本時間30日)のヤンキース―レッドソックスの試合。レッドソックスの本拠地フェンウェイパークで行われた伝統の一戦、7回だった。

 7-2とリードしたヤンキースは主砲スタントンが5番手右腕ライトから左翼へ特大の打球を放った。名物グリーンモンスターを越え、白球は左翼席に飛び込んだ。試合を決定づける38号ソロとなったが、左翼席で不穏な動きが。ホームランボールを拾い上げた黒いTシャツの男性。すると、何を思ったのか思い切り腕を振り、グラウンドに投げ返したのだ。

 グリーンモンスターから投げ下ろされたボールは二塁付近でバウンド。そして、二塁ベースを蹴ったスタントンの体に直撃してしまった。スタントンは何が起こったのかと驚きの表情。幸い怪我がなく、淡々とダイヤモンドを一周したが、直接当たっていれば怪我に繋がりかねないシーンだった。

 米放送局「ESPN」によると、ボールをスタンドから投じた黒Tシャツの男性は、アトランタ在住の32歳アンドリュー・ラストレイプスさん。記事では、この日の試合を2か月前に予約し、初めてフェンウェイパークを訪れたことを紹介。さらに、その後でスタントンのホームランの一件を振り返っている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集