[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • こんなOG見たことない!? 独代表GKの“スローインの悲劇”に衝撃「なぜこんな事が…」

こんなOG見たことない!? 独代表GKの“スローインの悲劇”に衝撃「なぜこんな事が…」

海外サッカーのドイツ1部ブンデスリーガでDFからのスローインに反応できず、GKがトラップミスしたボールがそのままゴールに吸い込まれるという珍事が発生。日本代表FW大迫勇也も出場した試合で起きた“衝撃のオウンゴール”の一部始終を海外メディアが公開すると、ドイツメディアも「なんたるやらかし」「メガ級のへま」と騒然としていたが、海外ファンにも「なぜこんなことが」「1年で一番の出来事」と波紋が広がっている。

シュツットガルトGKツィーラー【写真:Getty Images】
シュツットガルトGKツィーラー【写真:Getty Images】

ツィーラーが演じた痛恨ミスが反響拡大、海外ファン「1年で一番の出来事」

 海外サッカーのドイツ1部ブンデスリーガでDFからのスローインに反応できず、GKがトラップミスしたボールがそのままゴールに吸い込まれるという珍事が発生。日本代表FW大迫勇也も出場した試合で起きた“衝撃のオウンゴール”の一部始終を海外メディアが公開すると、ドイツメディアも「なんたるやらかし」「メガ級のへま」と騒然としていたが、海外ファンにも「なぜこんなことが」「1年で一番の出来事」と波紋が広がっている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 まさかの“スローイン・オウンゴール”の波紋が広がってしまっている。29日のブレーメン―シュツットガルトの試合でのことだ。シュツットガルトが1-0とリードして迎えた後半23分に“事件”は起きた。

 自陣左サイドの深い位置からシュツットガルトのDFボルナ・ソサがスローインに立った。前線へ投げ込もうと、体を向ける。しかし、コースを遮られており、くるっと向きを後ろに変え、すぐさまGKロンロベルト・ツィーラーに向かって放り込んだ。その直後、ソサの表情は一変した。

 なんとGKツィーラーはプレーを見ておらず、ソックスを直すようなそぶりを見せていたのだ。近づいてきたボールに気付き、慌てて足を伸ばすツィーラー。周りに選手はおらず、十分にトラップできる状況だったが、予期せぬタイミングに焦ったのか、わずかに右足をかすめただけで止められなかった。

 慌てて追いかけるツィーラー。しかし、飛び込んだ背番号1の先で、無情にもゴールネットに吸い込まれていった。まさかのオウンゴール。ブレーメンのイレブンは歓喜に沸き、シュツットガルトはソサも監督も呆然とした表情。痛恨のミスを犯したツィーラーも頭を抱えた。

1 2
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー