[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大坂なおみ、全米決勝の再戦は年始の豪州!? 「大会の次のターゲットはセリーナ」

テニスの全米オープンを制した世界ランク8位の大坂なおみ(日清食品)がブリスベン国際(12月30日~2019年1月6日・オーストラリア)に参戦することが25日、発表された。現地メディアは、この大会で全米決勝で激突したセリーナとの再戦実現を期待している。

世界ランク8位の大坂なおみ【写真:荒川祐史】
世界ランク8位の大坂なおみ【写真:荒川祐史】

大坂のブリスベン国際参戦が決定、セリーナの動向にも注目

 テニスの全米オープンを制した世界ランク8位の大坂なおみ(日清食品)がブリスベン国際(12月30日~2019年1月6日・オーストラリア)に参戦することが25日、発表された。現地メディアは、この大会で全米決勝で激突したセリーナとの再戦実現を期待している。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 全豪オープンの前哨戦に当たる同大会はこの日、大坂と男子の世界ランク12位・錦織圭(日清食品)の参戦を発表。これを受けて、オーストラリア紙「シドニーモーニングヘラルド」は「オオサカの発表の後のブリスベン国際の次のターゲットはウィリアムズ」と題して、全米オープン決勝の再戦の可能性を探っている。

「全米オープンの覇者、ナオミ・オオサカは彼女のオーストラリアにおけるチャージをブリスベン国際でかけようとしている。そして、大会主催者は、セリーナ・ウィリアムズが参戦し、夏以来となる戦いが起こることを望んでいるだろう」

 記事では大坂とセリーナが全米決勝で激突してストレート勝ち、初のグランドスラム制覇でWTAの新星が現れたことを伝えつつも、セリーナが審判に対する暴言などの問題が残り、表彰式でブーイングを浴びたことも振り返っている。

「オオサカは以前もブリスベンでプレーしたことはあるが、2018年のスポーツ界で作った物語、より大きな実績を持って帰ってくる。彼女はオーストラリアのファンは特に歓迎的だと語る」とし、大坂の大会へ向けたコメントも紹介している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集