[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平21号弾は「最も強力なホームラン」! 自身最速182キロ弾に現地記者も感嘆

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は24日(日本時間25日)、本拠地レンジャーズ戦に「3番・DH」でスタメン出場。初回2死走者なしの第1打席で、右翼席への21号先制ソロを放った。MLB公式ツイッターが動画付きで速報。MLBのデータ解析システム「スタットキャスト」によると、この一発は大谷が今季放った21本の中で最速のホームランだった。

エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

大谷の21号弾は時速182キロ、飛距離130メートル、着弾までに6.5秒

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は24日(日本時間25日)、本拠地レンジャーズ戦に「3番・DH」でスタメン出場。初回2死走者なしの第1打席で、右翼席への21号先制ソロを放った。MLB公式ツイッターが動画付きで速報。MLBのデータ解析システム「スタットキャスト」によると、この一発は大谷が今季放った21本の中で最速のホームランだった。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 まさに打った瞬間だ。大谷が圧巻の一撃を、右翼席へ突き刺した。初回2死。レンジャーズ先発右腕・サンプソンの初球90.4マイル(約145キロ)シンカーをコンパクトに振り抜いた。これぞホームランというべき弾道。右翼手はすぐに追うのをやめた。ライトスタンド中段まで運ぶ、8試合ぶりの21号アーチ。すっかりおなじみになった「ビックフライ! オオタニサン!!」の現地実況が似合う特大弾だった。

「スタットキャスト」のツイッターによると、ボールは時速112.9マイル(約181.7キロ)で、飛距離は428フィート(約130メートル)。また「スタットキャスト」の担当記者、デビッド・アドラー記者は「これが彼のリーグ戦における最も強力なホームラン。そしてこの打ち上がり。これがショーキャストのグラフィックだ」とツイートし、ホームランの弾道の図解も公開。着弾までに6.5秒、打ち出しの角度は36度で、最高到達点は146フィート(約44.5メートル)だと伝えている。

 圧巻の驚速弾で先制に成功。その後追いつかれたが、延長11回にサヨナラ勝ち。連敗を5でストップさせた。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集