[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • FIFA年間MVPモドリッチが「不滅の独占を破った」 “10年独占”崩しに海外続々称賛

FIFA年間MVPモドリッチが「不滅の独占を破った」 “10年独占”崩しに海外続々称賛

FIFA(国際サッカー連盟)は現地時間24日に年間表彰式「ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ2018」を開催し、レアル・マドリードのクロアチア代表MFルカ・モドリッチが男子年間最優秀選手を受賞した。過去10年間はポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)とアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(バルセロナ)が独占してきたが、ついに牙城が崩れた。海外メディアも続々と伝えている。

クロアチア代表MFモドリッチ【写真:Getty Images】
クロアチア代表MFモドリッチ【写真:Getty Images】

過去10年間メッシ、C.ロナウドが独占していたタイトルをモドリッチが初受賞

 FIFA(国際サッカー連盟)は現地時間24日に年間表彰式「ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ2018」を開催し、レアル・マドリードのクロアチア代表MFルカ・モドリッチが男子年間最優秀選手を受賞した。過去10年間はポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)とアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(バルセロナ)が独占してきたが、ついに牙城が崩れた。海外メディアも続々と伝えている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 最終候補3名は、モドリッチ、ロナウド、エジプト代表FWモハメド・サラー(リバプール)が選出されていたが、最終的にUEFAチャンピオンズリーグ(CL)で前人未到の3連覇を成し遂げ、ロシア・ワールドカップ(W杯)でもクロアチア代表の主将として準優勝&大会MVPに輝いたモドリッチが受賞することになった。

 海外メディアも続々報道。イタリア地元紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」は「FIFA年間MVPの称号はモドリッチのもとに。偉大なるロナウドとメッシは欠席。2人の偉大な選手、クリスティアーノ・ロナウドとメッシが欠席する中で、このクロアチア人は世界でベストのサッカー選手の座に輝いた。歴史に名を刻み、メッシとロナウドによって続いていた不滅の独占を破った」と伝えている。

 英衛星放送「スカイ・スポーツ」電子版も「モドリッチは栄誉を受け取った。レアル・マドリードでクラブに3年連続となるチャンピオンズ・リーグのタイトルをもたらした。W杯では多くの称賛を集めてクロアチアを初の決勝に導きゴールデンボールを獲得した」と偉業を報じている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー