[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

フェデラーのお尻直撃! ジョコの“痛恨ショット”に海外ファンも笑撃「大爆笑だ」

男子テニスの「レーバー・カップ」は21日に初日が行われ、ダブルスでロジャー・フェデラー(スイス)、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)というグランドスラム計34勝の豪華ペアが実現。しかし、ジョコビッチがフェデラーのお尻にショットを打ち込んでしまう珍事が発生した。フェデラー本人は「これだから、僕らはダブルス組まないんだ」とユーモアを交え、試合中に語ったが、海外メディアが実際のシーンを動画付きで紹介すると、ファンに「これには大爆笑だ」と笑撃が広がっている。

ロジャー・フェデラー(左)、ノバク・ジョコビッチ【写真:Getty Images】
ロジャー・フェデラー(左)、ノバク・ジョコビッチ【写真:Getty Images】

レーバー・カップで起きた話題の珍事が大反響「ベストかつ最も愉快なコンビ」

 男子テニスの「レーバー・カップ」は21日に初日が行われ、ダブルスでロジャー・フェデラー(スイス)、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)というグランドスラム計34勝の豪華ペアが実現。しかし、ジョコビッチがフェデラーのお尻にショットを打ち込んでしまう珍事が発生した。フェデラー本人は「これだから、僕らはダブルス組まないんだ」とユーモアを交え、試合中に語ったが、海外メディアが実際のシーンを動画付きで紹介すると、ファンに「これには大爆笑だ」と笑撃が広がっている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 こんなシーンも、最強の2人だからおもしろい。ケビン・アンダーソン(南アフリカ)、ジャック・ソック(米国)戦、ジョコビッチのサービスの場面だった。相手がリターンしたボールを後衛のジョコビッチがフォアハンドで打ち返した。次の瞬間、まさかの事態が起こる。痛烈に放たれた打球が前衛フェデラーのお尻付近を直撃。コート上に「Ahhhhh!」という悲鳴が響いた。

 思わず、会場からどよめきと笑いが沸き起こる。ジョコビッチはその場で頭を抱え、「やってしまった」と言わんばかりに目を見開いて、表情を曇らせた。そして、苦笑いで歩み寄ってきたフェデラーの腰辺りをさすり、謝っていた。男子テニス界を牽引する2人のめったに見られない珍シーンはある意味、価値があるかもしれない。

 フェデラーの母国スイスの大衆紙「ブリック」によれば、フェデラーは「これだから、僕らはダブルス組まないんだよ。なあ、ノバク」とジョコビッチに対し、ユーモアを交えて伝えたという。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集