[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

166キロ…167キロ…150キロスライダー! “衝撃の3球”を米紙も称賛「プイグを圧倒」

米大リーグの若き速球王、カージナルスのジョーダン・ヒックスが16日(日本時間17日)のドジャース戦で圧巻の投球を披露。103マイル(約166キロ)、104マイル(約167キロ)のファストボール2球で追い込むと、最後は93マイル(約150キロ)のスライダーで空振り三振を奪った。この投球をMLBが公式ツイッターで動画を公開。ファンからは「めちゃくちゃエグイ!」「反則だ」などと驚愕の声が上がっていたが、米紙も衝撃の3球にスポットを当てている。

カージナルスのジョーダン・ヒックス【写真:Getty Images】
カージナルスのジョーダン・ヒックス【写真:Getty Images】

ヒックスの“衝撃の3球”にカージナルス地元紙も脚光

 米大リーグの若き速球王、カージナルスのジョーダン・ヒックスが16日(日本時間17日)のドジャース戦で圧巻の投球を披露。103マイル(約166キロ)、104マイル(約167キロ)のファストボール2球で追い込むと、最後は93マイル(約150キロ)のスライダーで空振り三振を奪った。この投球をMLBが公式ツイッターで動画を公開。ファンからは「めちゃくちゃエグイ!」「反則だ」などと驚愕の声が上がっていたが、米紙も衝撃の3球にスポットを当てている。

【PR】コパ・アメリカは「DAZN」独占配信! いまなら2か月無料キャンペーン実施中!

 ヒックスは4点リードの7回無死一、二塁の場面。打席には強打者プイグを迎えた。103マイルのシンカーで見逃し、104マイルの内角シンカーで空振り。このスピードボール2球だけでもすさまじいのだが、さらには2ストライクと追い込んでの3球目だ。

 アウトローへ曲がりながら落ちるスライダーに、プイグのバットは空を切った。この1球は93マイルを計測。直球並みの球速で鋭く曲がるのだから、これを打つのは至難の業だ。後続も打ち取りピンチを脱出した。

 セントルイスの地元紙「セントルイス・ポスト・ディスパッチ」もヒックスの投球に焦点を当て、「十分に休養を取ったヒックスがウェーンライトの白星をさらに後押しする」と題した記事を展開している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
今なら特設サイトからDAZN加入で2か月無料!
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集