[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • コラム
  • 井上尚弥、適正階級はスーパーバンタム!? 大橋会長が描く将来像「37歳まで現役なら」

井上尚弥、適正階級はスーパーバンタム!? 大橋会長が描く将来像「37歳まで現役なら」

ボクシング日本最速3階級制覇王者の井上尚弥(大橋)が出場するバンタム級の賞金トーナメント、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)。井上は1回戦(10月7日・横浜アリーナ)で元WBA世界スーパー王者のフアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)と対戦する。

今やすっかり“モンスター”という愛称が定着した井上【写真:Getty Images】
今やすっかり“モンスター”という愛称が定着した井上【写真:Getty Images】

大橋会長直撃インタビュー/「モンスターの育て方最終回」

 ボクシング日本最速3階級制覇王者の井上尚弥(大橋)が出場するバンタム級の賞金トーナメント、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)。井上は1回戦(10月7日・横浜アリーナ)で元WBA世界スーパー王者のフアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)と対戦する。

【第1回】井上尚弥、強すぎるがゆえの悲哀 大橋会長の苦悩「今は勝てそうな王者を選べる」
【第2回】井上尚弥、3階級制覇の舞台裏と幻のフライ級挑戦 大橋会長「今頃4階級王者だった」
【第3回】井上尚弥は逃げない 大橋会長が語るマッチメークの流儀「負けを恐れる必要ない」

 デビューから16連勝(14KO)という圧倒的な強さで快進撃を続ける井上。対戦相手のマッチメークという重要な役どころを演じているのが元WBC、WBA世界ミニマム級王者・大橋秀行会長だ。大橋会長は類まれな才能を有する“怪物”をいかに“モンスター”に育てたのか。「THE ANSWER」ではインタビューを行い、その秘密を「モンスターの育て方」と題し、4回に分けてお届けする。

 最終回は今やすっかり定着した“モンスター”の愛称について。名付け親の大橋会長によると、そのルーツは意外にも“平成の怪物”だった。また井上の本来の適正階級や、今大会で最大の強敵と認める選手についても語ってもらった。

 ◇ ◇ ◇

──前回の負けて強くなる、試合を怖いと思うことは恥ずかしいことではない─―。大橋会長の考えがよく分かりました。とはいえ、井上選手に関しては、いまのところ負ける姿はまったく想像できませんね。

「井上尚弥というボクサーは、私が中学生のときに思い描いた理想を実現しているんです。高校1年でインターハイ優勝して、3年で全日本選手権に優勝。国際大会でメダルも獲って、プロに入って最速で世界チャンピオンになり、これまた最速で2階級制覇、3階級制覇した。中学生のときに夢に描いた漫画のような世界です。それを尚弥は現実にしている。本当にすごいですよ」

──いったいいつまで負けないと思いますか?

「人間だから尚弥だっていつかは負けます。それで終わりじゃないというのは他のボクサーと同じです。ただ、リカルド・ロペスはプロでもアマでも負けないで引退しました。尚弥にもその可能性はあるのかな……。彼はストイックだし、ほぼ打たれてないですからね。37歳まで現役をやると言ってますけど、どうなるかは分からないですね」

1 2 3
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー