[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 八村塁&渡辺雄太、Wエースの“魅惑の連携”に大会公式賛辞「ファンキーなプレー」

八村塁&渡辺雄太、Wエースの“魅惑の連携”に大会公式賛辞「ファンキーなプレー」

バスケットボール男子のワールドカップ(W杯)アジア2次予選は17日、世界ランク49位の日本が同25位のイランを70-56で下し、4勝4敗とした。八村塁(ゴンザガ大)が25得点、渡辺雄太(グリズリーズ)が18得点。米国で活躍するWエースが計43得点を挙げ、難敵を撃破した。大会公式は八村の魅惑のノールックパスから渡辺がシュートを決めたコンビプレーを動画付きで紹介。「ファンキーなプレー」と賛辞を送っている。

日本代表で輝きを放つ八村塁と渡辺雄太【写真:Getty Images】
日本代表で輝きを放つ八村塁と渡辺雄太【写真:Getty Images】

八村のノールックパスから渡辺が決めたWエースのコンビプレーを大会公式が公開

 バスケットボール男子のワールドカップ(W杯)アジア2次予選は17日、世界ランク49位の日本が同25位のイランを70-56で下し、4勝4敗とした。八村塁(ゴンザガ大)が25得点、渡辺雄太(グリズリーズ)が18得点。米国で活躍するWエースが計43得点を挙げ、難敵を撃破した。大会公式は八村の魅惑のノールックパスから渡辺がシュートを決めたコンビプレーを動画付きで紹介。「ファンキーなプレー」と賛辞を送っている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 日本の最強Wエースが躍動した。大会公式も注目したのは、日本のカウンターの場面だ。攻め上がった八村は味方からパスを受け、ゴール下に侵入。そして、相手ディフェンスが待ち構えているのを見ると、首を左に振って左サイドの味方を見た。しかし、次の瞬間だ。

 ボールを渡したのは右サイド。受け取ったのは渡辺だった。意表を突かれた相手ディフェンスは対応が遅れ、渡辺は悠々とレイアップで決めた。ホームの大観衆も一気に盛り上がる。本場米国を拠点にして活躍する未来のNBAプレーヤー2人が最高に輝いた瞬間だった。

 大会公式ツイッターは「ルイ・ハチムラのノールックパスからのユウタ・ワタナベが日本のためにファンキーなプレーを決める」という賛辞とともに実際のプレーを動画付きで紹介。それほどインパクト十分の連携だった。2人の計43得点で国際連盟の公認試合で13年ぶりにイランを撃破。日本を力強く牽引している。

1 2
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー