[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本、国別対抗V 国際連盟は最強JKコンビ称賛「その時は女子フリーで訪れた」

ィギュアスケートの世界国別対抗戦(代々木第一体育館)は22日、日本が3大会ぶり2度目の優勝を飾った。最終種目の女子シングルのフリーでは、三原舞依(神戸ポートアイランドク)が2位、樋口新葉(日本橋女学館高)が3位と健闘。チーム合計109点で、105点の2位ロシア、97点の3位アメリカを抑えて頂点に輝き、海外メディアも日本の躍進を報道。「全体に渡って安定した演技で勝者となった」と賛辞の声が上がっている。

三原&樋口がV牽引、国際スケート連盟サイト「全体に渡って安定した演技で勝者に」

 フィギュアスケートの世界国別対抗戦(代々木第一体育館)は22日、日本が3大会ぶり2度目の優勝を飾った。最終種目の女子シングルのフリーでは、三原舞依(神戸ポートアイランドク)が2位、樋口新葉(日本橋女学館高)が3位と健闘。チーム合計109点で、105点の2位ロシア、97点の3位アメリカを抑えて頂点に輝き、海外メディアも日本の躍進を報道。「全体に渡って安定した演技で勝者となった」と賛辞の声が上がっている。

 男子フリーで羽生結弦(ANA)、宇野昌磨(中京大)が1、2位を独占するなど、シングルの強さが際立った優勝。国際スケート連盟(ISU)公式サイトは「チーム・ジャパンは全体に渡って安定した演技で、2012年以来となる国別対抗の勝者となった」と伝えた。特に、称賛したのは10代の女子高生コンビだ。

 樋口がフリー日本歴代最高の145.30点をマーク。続く三原は樋口を抜く146.17点を叩き出した。世界女王・メドベージェワ(ロシア)に抜かれたが、三原が2位、樋口が3位に入り、2人で計23点を獲得した。

 記事では「その時は女子フリーで訪れた。マイ・ミハラとワカバ・ヒグチは、華々しい演技で2位、3位となり、日本に11ポイントと10ポイントをもたらした」と記述している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集