[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 平野美宇はなぜ完敗したのか 国際卓球連盟が分析「この2週間は17歳に過酷」

平野美宇はなぜ完敗したのか 国際卓球連盟が分析「この2週間は17歳に過酷」

卓球の韓国オープン(仁川)は22日、女子シングルス準決勝で世界ランク11位の平野美宇(エリートアカデミー)が世界ランク4位の石川佳純(全農)に0-4のストレート負けを喫し、4強で姿を消した。史上最年少で制したアジア選手権に続く連続Vはならず、国際卓球連盟(ITTF)は公式サイトで「特筆すべき快進撃は幕を閉じた」と伝えた。

韓国OP準決で石川佳純に完敗、アジア選手権に続くVならず「快進撃は幕閉じた」

 卓球の韓国オープン(仁川)は22日、女子シングルス準決勝で世界ランク11位の平野美宇(エリートアカデミー)が世界ランク4位の石川佳純(全農)に0-4のストレート負けを喫し、4強で姿を消した。史上最年少で制したアジア選手権に続く連続Vはならず、国際卓球連盟(ITTF)は公式サイトで「特筆すべき快進撃は幕を閉じた」と伝えた。

 17歳の全日本女王の勢いは、24歳の前女王によって止められた。平野は準決勝でいいところなく完敗。1月の全日本選手権決勝で破った石川に雪辱を許した。世界ランク1、2、5位の地元・中国勢を破って優勝し、卓球界に衝撃を与えたアジア選手権から続いた躍進も途絶える形となった。

 ITTFの公式サイトも日本人対決で敗れた平野について「アジア選手権から始まった特筆すべき快進撃は、先輩選手の勝利とともに幕を閉じた」と紹介。準決勝は上位2シードの世界ランク3位・馮天薇(シンガポール)と石川が勝利し、「順当な結果となった」と記述している。

 準々決勝までは、さすがの貫禄だった。1、2回戦はストレート勝ち。準決勝の前に同日行われた準々決勝では、世界ランク25位のツォン・ジエン(シンガポール)を4-2で破った。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
SportyLife スポーティーライフ - 食とスポーツをつなぐ情報誌
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー