[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 大谷翔平、トラウトとの“看板コンビ”連弾20号にMLB公式も興奮「ついに起こった!」

大谷翔平、トラウトとの“看板コンビ”連弾20号にMLB公式も興奮「ついに起こった!」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、本拠地マリナーズ戦に「4番・DH」で出場し、第1打席で20号ソロを放った。日本人では松井秀喜(ヤンキース)以来、2人目となる大台到達は3番の主砲マイク・トラウトとの2者連発アベック弾で決めた。MLBは「ついに起こった!」と興奮気味につづり、豪華競演を動画付きで速報している。

エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

3、4番のアベック弾で松井以来となる日本人20号を達成

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、本拠地マリナーズ戦に「4番・DH」で出場し、第1打席で20号ソロを放った。日本人では松井秀喜(ヤンキース)以来、2人目となる大台到達は3番の主砲マイク・トラウトとの2者連発アベック弾で決めた。MLBは「ついに起こった!」と興奮気味につづり、豪華競演を動画付きで速報している。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 4番大谷が、最高のアベック弾で節目の大台に乗せた。初回の第1打席。右腕ラミレスが投じた88.8マイル(約143キロ)ツーシームが甘く入ったのを見逃さなかった。完璧に捉えた打球はグングン伸び、中堅フェンスを悠々と越えていった。418フィート(約127メートル)の今季20号ソロ。いつも通り、淡々とベースを一周し、クールにホームを踏んだ。

 しかし、誰よりも喜んでいたのは、ベンチの先頭で待っていたトラウトだ。直前に先制2ランを放っていた3番打者は大谷の背中を叩いて祝福すると、背後からヘルメットを“強奪”。手荒い振る舞いで自身とのアベック弾を喜んでいた。歓喜に沸き上がるエンゼルスベンチとは対照的にマリナーズベンチのサービス監督の感情を失った無表情ぶりが印象的だった。

 MLB公式ツイッターは「ついに起こった! トラウト&オオタニが連発」と動画付きで速報。エンゼルスが誇る看板2人の一発競演に興奮気味だった。これで松井以来、日本人2人目となるシーズン20本塁打に乗せた大谷。1年目となれば初で、それも二刀流起用を経て、やってのけたのだから恐れ入る。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー