[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 渦中のセリーナ、ついに現役女子選手から批判の声「彼女は限度を超えてしまった」

渦中のセリーナ、ついに現役女子選手から批判の声「彼女は限度を超えてしまった」

テニスの4大大会、全米オープン女子シングルス決勝で世界ランク7位の大坂なおみ(日清食品)に敗れたセリーナ・ウィリアムズ(米国)。決勝の舞台では審判への暴言やラケット破壊でペナルティを受けた後、敗戦後の記者会見で性差別を訴えるなど物議を醸していた。グランドスラム優勝23度を誇る女王を擁護する意見が現役選手から出ていたが、女子シングルス世界ランク25位のバルボラ・ストリコバ (チェコ)は厳しく批判している。チェコメディアが報じている。

ストリコバ(左)がセリーナ・ウィリアムズのふるまいを批判している【写真:Getty Images】
ストリコバ(左)がセリーナ・ウィリアムズのふるまいを批判している【写真:Getty Images】

世界ランク25位ストリコバが苦言「セリーナの試合だけルールは変わるの?」

 テニスの4大大会、全米オープン女子シングルス決勝で世界ランク7位の大坂なおみ(日清食品)に敗れたセリーナ・ウィリアムズ(米国)。決勝の舞台では審判への暴言やラケット破壊でペナルティを受けた後、敗戦後の記者会見で性差別を訴えるなど物議を醸していた。グランドスラム優勝23度を誇る女王を擁護する意見が現役選手から出ていたが、女子シングルス世界ランク25位のバルボラ・ストリコバ (チェコ)は厳しく批判している。チェコメディアが報じている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 グランドスラム決勝の大舞台で問題行動に出たセリーナ。グランドスラム優勝23度の女王とあって、敗戦直後にはテニス関係者から擁護の声が出ていた。記者会見ではカルロス・ラモス審判に対する性差別を主張していたセリーナに対し、現役の世界ランカーから批判の声がついに上がった。

「これはたわ言よ。アンパイアにとって女子も男子も関係ない。比較するなら、私はナダルが審判に向かってあんなに叫ぶのを見たことがないわ」

 母国チェコのスポーツ専門メディア「Sport.CZ」によると、ストリコバはセリーナの男女差別という主張を的外れと批判。「私は女性だけど、たくさん警告を受けています。WTAの(セリーナ)擁護も私にとっては驚きでした。セリーナの試合だけルールは変わるの?」と語ったという。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー