[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 大谷翔平は「単打を二塁打にできる男」 時速31.7キロの“驚速中前二塁打”に米驚愕

大谷翔平は「単打を二塁打にできる男」 時速31.7キロの“驚速中前二塁打”に米驚愕

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手が13日(日本時間14日)、本拠地マリナーズ戦に「4番・DH」で先発出場。9回の第4打席で中前二塁打を放ち、4打数1安打だった。チームは2-8での完敗だったが、光るものを見せた大谷。二塁までのスプリントスピードは秒速28.9フィート(約8.8メートル、時速約31.7キロ)をマーク。俊足ぶりでもファンを驚かせている。

今季20本目の二塁打を放ったエンゼルの大谷翔平【写真:Getty Images】
今季20本目の二塁打を放ったエンゼルの大谷翔平【写真:Getty Images】

大谷がセンター前の打球で二塁を陥れる好走塁

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手が13日(日本時間14日)、本拠地マリナーズ戦に「4番・DH」で先発出場。9回の第4打席で中前二塁打を放ち、4打数1安打だった。チームは2-8での完敗だったが、光るものを見せた大谷。二塁までのスプリントスピードは秒速28.9フィート(約8.8メートル、時速約31.7キロ)をマーク。俊足ぶりでもファンを驚かせている。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

 まさに韋駄天だった。7点を追う9回、無死二塁で迎えた大谷の第4打席だ。右腕・ブラッドフォードの2ストライクからの3球目、低めのスライダーをセンター方向へはじき返した。マリナーズの中堅手エレディアはダイビングでの捕球を試みたが、わずかに届かず。ボールを前にこぼすスキを、大谷は見逃さなかった。躊躇なく一塁を蹴って、快足を飛ばして悠々二塁に到達。記録はセンター前二塁打。俊足ぶりが際立った。

 MLB公式サイトのデータ解析システム「スタットキャスト」を担当するデービッド・アドラー記者は「オオタニの二塁打のスプリントタイムは秒速28.9フィートだ。MLB平均27フィート(約8.2メートル)」とツイッターで伝えた。

 今季20本目の二塁打。超一流の投打だけでなく、足でもメジャー級であることは以前から示しているが、この日改めて見せつけ、ツイッター上の海外ファンも感嘆。「彼はシングルヒットをいつも二塁打にできる男だ」「最後に2ベース、スペシャルだ」などと反響を呼んでいる。

 チームは大敗し、ポストシーズン出場が完全消滅。そんな中でも大谷ははつらつと奮闘を続けている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー