[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 大谷翔平の“得点創出力”は平均的な打者の「1.64倍」!? MLBで5番目の高指標

大谷翔平の“得点創出力”は平均的な打者の「1.64倍」!? MLBで5番目の高指標

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は12日(日本時間13日)、本拠地レンジャーズ戦に「4番・DH」でスタメン出場。第2打席に2試合ぶりのヒットとなる痛烈な当たりの右越え二塁打を放つと、7回にはまたも強烈なライナーで右前に運び、マルチ安打をマーク。チームの8-1快勝に貢献した。

エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

170キロ超の超速2安打で今季20度目のマルチ安打マーク

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は12日(日本時間13日)、本拠地レンジャーズ戦に「4番・DH」でスタメン出場。第2打席に2試合ぶりのヒットとなる痛烈な当たりの右越え二塁打を放つと、7回にはまたも強烈なライナーで右前に運び、マルチ安打をマーク。チームの8-1快勝に貢献した。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 まず大谷が魅せたのは、2点リードの3回2死走者なしで迎えた第2打席だ。右腕ガヤードの甘く入ってきたスライダーを完璧に捉えると、強烈な打球は右翼へ一直線。打球速度は108マイル(約173.9キロ)で、もう少し角度がついていれば柵越えは確実だった。あまりに凄まじい当たりで、右翼手も迅速に処理したため、俊足の大谷が二塁でクロスプレーになったほどだ。

 さらには7回。1死走者なしでの第4打席でも、右腕バトラーの94マイル(約151キロ)の直球を完璧に捉え、一、二塁間を破る右前打。打球速度は1本目を上回る、109マイル(約175キロ)。今季20度目のマルチ安打を記録した。

 打席あたりの得点創出の多さを示すセイバーメトリクスの指標「wRC+」。大谷の今季の数値は「164」で、平均的な打者の「100」を大きく上回っている。「wRC+」は球場による影響(パークファクター)に対する補正を含んでおり、環境に左右されずに中立的に打者の得点創出能力を評価するのに適した指標だ。「164」であれば、平均的な打者の1.64倍の効率で、得点を量産しているということになる。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー