[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 大坂なおみ、男子Vジョコビッチも新女王に賛辞「オオサカは優勝に値したよ」

大坂なおみ、男子Vジョコビッチも新女王に賛辞「オオサカは優勝に値したよ」

テニスの今季4大大会最終戦、全米オープン女子シングルスを制した大坂なおみ(日清食品)。グランドスラム通算23勝の元女王セリーナ・ウィリアムズ(米国)に完勝した歴史的初Vは大きな話題を呼んだが、男子シングルスを制した元世界1位ノバク・ジョコビッチ(セルビア)も「オオサカは優勝に値した」と賛辞。さらに、大荒れの展開となったことを労っている。米スポーツ専門局「ESPN」が報じている。

ノバク・ジョコビッチ【写真:Getty Images】
ノバク・ジョコビッチ【写真:Getty Images】

男子シングルス3年ぶりVのジョコビッチも大坂を祝福

 テニスの今季4大大会最終戦、全米オープン女子シングルスを制した大坂なおみ(日清食品)。グランドスラム通算23勝の元女王セリーナ・ウィリアムズ(米国)に完勝した歴史的初Vは大きな話題を呼んだが、男子シングルスを制した元世界1位ノバク・ジョコビッチ(セルビア)も「オオサカは優勝に値した」と賛辞。さらに、大荒れの展開となったことを労っている。米スポーツ専門局「ESPN」が報じている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 復活の王者から、新女王へ。3年ぶりに優勝したジョコビッチも大坂を祝福した。10日に行われた男子シングルス決勝でフアン・マルティン・デルポトロ(アルゼンチン)をストレートで圧倒。記事では女子シングルス決勝について振り返り、ジョコビッチのコメントを紹介している。

 セリーナに対する判定を巡り、表彰式までブーイングが飛び交う前代未聞の展開となった一戦。「昨日は全ての人にとって気まずい状況で、様々な感情が起こった」と語ったジョコビッチは「セリーナもナオミも泣いていた。本当にタフな状況だった」と両者を慮ったという。

 歴戦の王者が「タフ」と表現するほどの状況でも、冷静さを終始保ったのは大坂だった。「昨日、セリーナも表彰式で言っていたけど、オオサカは優勝に値したよ」とジョコビッチは語り、セリーナと同様に20歳の若き新女王の戦いぶりに賛辞。大坂は男女を通じ、世界のトップ選手に仲間入りを果たした。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー