[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • ジョコビッチ、10秒間の“戴冠の大の字”に海外ファン感動「なんてドラマチック」

ジョコビッチ、10秒間の“戴冠の大の字”に海外ファン感動「なんてドラマチック」

テニスの今季4大大会最終戦、全米オープンは9日(日本時間10日)、男子シングルス決勝でノバク・ジョコビッチ(セルビア)がフアン・マルティン・デルポトロ(アルゼンチン)に6-3、7-6、6-3でストレート勝ち。3年ぶり3度目の優勝を飾った。大会公式ツイッターは歓喜の瞬間、コートに仰向けに倒れ込んだ“戴冠の大の字”を動画と画像で紹介。怪我を乗り越えた元世界NO1の復活に、海外ファンは「なんというドラマチックな瞬間」などと感動している。

ノバク・ジョコビッチ【写真:Getty Images】
ノバク・ジョコビッチ【写真:Getty Images】

デルポトロに完勝で3年ぶりV、勝利の瞬間にコートへ仰向けに倒れ込む

 テニスの今季4大大会最終戦、全米オープンは9日(日本時間10日)、男子シングルス決勝でノバク・ジョコビッチ(セルビア)がフアン・マルティン・デルポトロ(アルゼンチン)に6-3、7-6、6-3でストレート勝ち。3年ぶり3度目の優勝を飾った。大会公式ツイッターは歓喜の瞬間、コートに仰向けに倒れ込んだ“戴冠の大の字”を動画と画像で紹介。怪我を乗り越えた元世界NO1の復活に、海外ファンは「なんというドラマチックな瞬間」などと感動している。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

 ついにこの時が訪れた。チャンピオンシップポイントをモノにしたジョコビッチ。その瞬間、ラケットを放り投げ、全身の力が抜けたかのようにして、戦い抜いたコートに仰向けに倒れ込んだ。188センチの体を大の字にしたまま、空を見つめ動けない。3年ぶりの優勝。復活までの道のりの長さを噛み締めるように、歓喜の時を味わっていた。

 およそ10秒して起き上がると、デルポトロと握手をするより早くがっちりと抱擁。ジョコビッチが王者に返り咲いたなんとも感動的なシーンだった。大会公式ツイッターは「このスタジアム、この観客、この感情 ジョコビッチのこの瞬間に浸る…」などとつづり、大の字パフォーマンスを動画と画像で公開。すると、海外ファンから感動の声が続々と上がった。

「これがチャンピオン」
「おめでとう、ノバク」
「驚くべき試合だった」
「素晴らしい試合だった」
「ありがとう、神」
「なんというドラマチックな瞬間」
「ほかに誰がこんなことをできる?」

 このように反響を呼んでいた。ATP公式サイトによると、ジョコビッチは「この舞台での戦いはしびれたよ。特に第2セットは互いが戦いあった。この満員のスタジアムも良かった」と振り返り、3年ぶりの優勝を喜んだという。準決勝では錦織圭(日清食品)を圧倒し、頂点に返り咲いた元世界NO1。世界のファンも、この瞬間を待っていた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー