[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 大坂なおみ、米紙が「彼女から学ぶべき第一歩」とセリーナに指摘したものとは?

大坂なおみ、米紙が「彼女から学ぶべき第一歩」とセリーナに指摘したものとは?

テニスの全米オープンは8日(日本時間9日)、女子シングルス決勝で世界ランク19位の大坂なおみ(日清食品)は女王セリーナ・ウィリアムズ(米国)に6-2、6-4でストレート勝ち。男女シングルス日本人史上初のグランドスラム優勝の快挙を成し遂げた。地元米メディアは主審へのクレームなどで警告を受けたセリーナと、大荒れの展開にも冷静さを貫いた20歳の新女王との明暗を特集。「優雅さと気品」を保った大坂に対し、36歳のセリーナを「子供じみた泣き言」と厳しく評している。

セリーナ・ウィリアムズ(左)と大坂なおみ【写真:Getty Images】
セリーナ・ウィリアムズ(左)と大坂なおみ【写真:Getty Images】

冷静さを守った大坂と欠いたセリーナ、米紙「オオサカは優雅さと気品を示す」

 テニスの全米オープンは8日(日本時間9日)、女子シングルス決勝で世界ランク19位の大坂なおみ(日清食品)は女王セリーナ・ウィリアムズ(米国)に6-2、6-4でストレート勝ち。男女シングルス日本人史上初のグランドスラム優勝の快挙を成し遂げた。地元米メディアは主審へのクレームなどで警告を受けたセリーナと、大荒れの展開にも冷静さを貫いた20歳の新女王との明暗を特集。「優雅さと気品」を保った大坂に対し、36歳のセリーナを「子供じみた泣き言」と厳しく評している。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

 新女王に輝いた20歳の大坂。36歳の元女王セリーナを圧倒した強さだけではなく、試合後に輝いた人間性が地元メディアで称賛されている。「ナオミ・オオサカがグランドスラム初優勝の中、優雅さと気品を示す」と見出しを打って特集したのは、米地元紙「USAトゥデー」だった。

 この試合でセリーナの行動が波紋を広げた。第1セットを失った後、第2セットで客席からのコーチングで警告を受けると、チェアアンパイアに暴言。自らへの苛立ちも募り、ラケットをコートに叩きつけ、破壊してしまった。そのままストレート負けを喫した後、地元のセリーナびいきの観衆は審判のみならず、表彰式では優勝した大坂もブーイングを浴びせられる事態となった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー