[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 大坂なおみが涙した理由 13秒の沈黙後に発した言葉とは? 「彼女とハグした時に…」

大坂なおみが涙した理由 13秒の沈黙後に発した言葉とは? 「彼女とハグした時に…」

テニスの全米オープンは8日(日本時間9日)、女子シングルス決勝で世界ランク19位の大坂なおみ(日清食品)は女王セリーナ・ウィリアムズ(米国)と対戦し、6-2、6-4でストレート勝ち。日本人史上初のグランドスラム優勝の快挙を成し遂げた。大坂にとって、長年のアイドルだったセリーナが衝撃のラケット破壊や、主審への暴言でペナルティを受けるなど大荒れの展開となったが、困難な状況にも負けず、栄冠を勝ち取った大坂の涙の会見が世界中で感動を呼んでいる。会見の動画を大会公式ツイッターが公開している。

全米オープンを制した大坂【写真:Getty Images】
全米オープンを制した大坂【写真:Getty Images】

記者会見で改めてセリーナへの憧れを告白

 テニスの全米オープンは8日(日本時間9日)、女子シングルス決勝で世界ランク19位の大坂なおみ(日清食品)は女王セリーナ・ウィリアムズ(米国)と対戦し、6-2、6-4でストレート勝ち。日本人史上初のグランドスラム優勝の快挙を成し遂げた。大坂にとって、長年のアイドルだったセリーナが衝撃のラケット破壊、主審への暴言でペナルティを受けるなど大荒れの展開となったが、困難な状況にも負けず、栄冠を勝ち取った大坂の涙の会見が世界中で感動を呼んでいる。会見の動画を大会公式ツイッターが公開している。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 思わず涙がこみ上げた。尊敬してきたセリーナとの頂上決戦後、優勝トロフィーの横で行われた記者会見で、20歳の天真爛漫な大坂はセリーナとの一戦を振り返る中で、感情を高ぶらせた。

「彼女が絶対に、24度目のグランドスラム優勝を望んでいることを私はわかっていた。誰もが知っているの。そんなCMもずっと流れていたから。でも、私がコートに足を踏み入れたら、私は別人のような気持ちになるの。セリーナファンじゃない。ただのテニス選手。でも、試合後に彼女と抱擁した時にね…ごめんなさい」

 大坂は壇上で言葉をつまらせた。こぼれる涙を抑えられない。13秒間の沈黙を経て、絞り出すように続けた。

「私が彼女とハグした時に、また子供の頃の気持ちになったの。ごめんなさいね…」。こう話すと大坂は涙を拭っていた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー