[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 井岡一翔、504日ぶり復帰戦完勝 米記者称賛「素晴らしいパフォーマンス」

井岡一翔、504日ぶり復帰戦完勝 米記者称賛「素晴らしいパフォーマンス」

ボクシング元3階級王者の井岡一翔(SANKYO)が8日(日本時間9日)、スーパーフライ級での米国デビュー戦で、WBO同級3位のマックウィリアムズ・アローヨ(プエルトリコ)と対戦。10回判定勝ちで504日ぶりの復帰戦を飾った。井岡の戦績は22勝(13KO)1敗。

ボクシング元3階級王者の井岡一翔【写真:Getty Images】
ボクシング元3階級王者の井岡一翔【写真:Getty Images】

井岡が判定で1年半ぶり復帰戦勝利、現地メディアも高評価

 ボクシング元3階級王者の井岡一翔(SANKYO)が8日(日本時間9日)、スーパーフライ級での米国デビュー戦で、WBO同級3位のマックウィリアムズ・アローヨ(プエルトリコ)と対戦。10回判定勝ちで504日ぶりの復帰戦を飾った。井岡の戦績は22勝(13KO)1敗。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

 現在WBAの同級2位にランク付けされている井岡は、スーパーフライ級の強豪を集めたイベント「Superfly3」の一戦として、アローヨ戦に臨んだ。勝てば同級での4階級制覇も見えてくる一戦で井岡は序盤から相手を圧倒。ボディーを効果的に決め、3回に右ストレートでダウンを奪うなど終始、試合を優位に進めた。ジャッジ3人の採点は97-92、97-92、99-90。最大で9ポイント差がつく完勝だった。

 現地メディアも井岡の戦いぶりを高評価。AP通信記者のグレッグ・ビーチャム氏は「カズト・イオカはアメリカでのデビューで強い印象を残している」とツイート。ボクシングライターのマイケル・バカ氏もツイッターで「カズト・イオカは勝利のスリルを味わった。素晴らしいパフォーマンス」と称賛している。

 井岡は2009年にプロデビュー。11年にデビュー7戦目でWBC世界ミニマム級王座を獲得。翌年にWBA世界ライトフライ級王座決定戦に勝利し、2階級制覇を達成。2014年にはフライ級で3階級制覇を目指し5月にタイトルマッチに臨むも、デビュー15戦目で初黒星を喫した。

 翌2015年にWBA王者のファン・カルロス・レべコ(アルゼンチン)に挑戦し、判定勝ちで3階級制覇に成功。5度防衛したが、2017年に王座を返上。同年12月31日に現役引退を表明したが、今年7月に現役復帰会見。米国を拠点にスーパーフライ級での4階級制覇を目指す意向を示していた。

 大きなタイトルこそ手にしていないが、世界王者級の実力を秘めているとされる相手に、2017年4月23日以来、504日ぶりの復帰戦を完勝で飾った井岡。日本人史上初の4階級制覇へ弾みをつけた。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー