[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 大坂、笑撃の「アイラブユー」に海外称賛の嵐「彼女を応援しないなんてできる?」

大坂、笑撃の「アイラブユー」に海外称賛の嵐「彼女を応援しないなんてできる?」

テニスの今季4大大会最終戦、全米オープンは6日(日本時間7日)、女子シングルス準決勝で世界ランク19位の大坂なおみ(日清食品)が同14位のマディソン・キーズ(米国)に6-2、6-4でストレート勝ち。勝利後のインタビューでは、決勝で対戦する憧れの女王セリーナ・ウィリアムズ(米国)に「アイ・ラブ・ユー」と告白。インタビュアーと客席を爆笑させた一幕を海外メディアが動画付きで公開すると、海外ファンも「彼女を応援しないなんてできる?」「可愛くて正直。こうありたいよ」と称賛の嵐となっている。

大坂なおみによる女王セリーナ・ウィリアムズへの「告白」が話題を集めている【写真:Getty Images】
大坂なおみによる女王セリーナ・ウィリアムズへの「告白」が話題を集めている【写真:Getty Images】

セリーナに“告白”で海外ファン虜「可愛くて正直。こうありたいよ」

 テニスの今季4大大会最終戦、全米オープンは6日(日本時間7日)、女子シングルス準決勝で世界ランク19位の大坂なおみ(日清食品)が同14位のマディソン・キーズ(米国)に6-2、6-4でストレート勝ち。勝利後のインタビューでは、決勝で対戦する憧れの女王セリーナ・ウィリアムズ(米国)に「アイ・ラブ・ユー」と告白。インタビュアーと客席を爆笑させた一幕を海外メディアが動画付きで公開すると、海外ファンも「彼女を応援しないなんてできる?」「可愛くて正直。こうありたいよ」と称賛の嵐となっている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 勝ってなお、コート上でファンを魅了した。天真爛漫なキャラクターで米国でも人気を誇る大坂。前年準Vのキーズに圧巻の強さでストレート勝ちで下した後、インタビューでスタンドを再び沸かせた。

 13回のブレークの危機を全て凌ぎ切る粘り強さを見せた大坂。その原動力を質問されると、「おかしく聞こえるかもしれないけれど、私は本当にセリーナとプレーしたい。それだけを考えていたの」と笑みをこぼしながら話すと、スタンドからは大きな拍手。「なぜって? 彼女はセリーナなのよ」と畳み掛けると、スタンドはさらに盛り上がった。

 常々、幼少時から女王セリーナがアイドルだったと告白し、テニスを始めたきっかけでもあった。海外メディアからは「ベイビー・セリーナ」と異名をつけられたこともある。

 そして、インタビュアーは「おそらくたくさん言いたいことがあるのではないでしょうか。セリーナへのメッセージをお願いします」とマイクを向けられると、「アイ・ラブ・ユー。ウフフフ」とまさかの告白。インタビュアーも思わず大爆笑し、当の大坂は恥ずかしそうに両手で顔を押さえていた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー