[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • なぜ、ジョコは錦織に強いのか 本人が語る13連勝の要因「僕を油断ない状態にさせる」

なぜ、ジョコは錦織に強いのか 本人が語る13連勝の要因「僕を油断ない状態にさせる」

テニスの今季4大大会最終戦、全米オープンは男子シングルス準決勝で世界ランク19位の錦織圭(日清食品)が決勝進出をかけ、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)と対戦する。錦織にとって現在13連敗中の相手。対するジョコビッチはこれだけ好成績を残せる要因について吐露する一方、「彼がノッている時はトップ5級だ」と最大級の警戒を払っている。海外メディアが伝えている。

準決勝で錦織と対戦するジョコビッチ【写真:Getty Images】
準決勝で錦織と対戦するジョコビッチ【写真:Getty Images】

準決勝で激突、ジョコビッチが語った“錦織キラー”の理由

 テニスの今季4大大会最終戦、全米オープンは男子シングルス準決勝で世界ランク19位の錦織圭(日清食品)が決勝進出をかけ、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)と対戦する。錦織にとって現在13連敗中の相手。対するジョコビッチはこれだけ好成績を残せる要因について吐露する一方、「彼がノッている時はトップ5級だ」と最大級の警戒を払っている。海外メディアが伝えている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

「全米オープン準決勝を前に、ジョコビッチはなぜ自身がニシコリ相手に好成績なのかを説明」と見出しを打って特集したのは英紙「メトロ」だった。記事では、錦織がキャリア最初の3戦で2勝して以降、ジョコビッチ相手に13連敗を喫していることを紹介。なぜ、錦織相手に好成績を残せるのかという問いに対し、ジョコビッチが語っている。

「なぜなら、彼はとても俊敏なプレーをしてくるので、最初の段階から僕を油断のない状態にさせるんだ。彼相手には最初からベストの状態でいかないと倒せないと分かっている」と明かし、パワーよりスピードを売りにしているからこそリズムを渡さないよう、立ち上がりから最大級の警戒で臨んでいることが結果に結びついているという。

 その上で「僕がストレートで勝った試合もあるけれど、長丁場になった試合も多くあるし、わずかな差が勝敗を分けてきた」と大きな実力差はないことを強調。「彼にはテニス界でも屈指のバックハンドがあるし、とても俊敏だ。最も俊敏な選手、ではないとしても、ツアーでも屈指の選手には間違いない」と実力を認めているという。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー