[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • こんな“暴投”見たことない!? “消えた白球”に米ファン仰天「ボールはどこへ?」

こんな“暴投”見たことない!? “消えた白球”に米ファン仰天「ボールはどこへ?」

米大リーグのマイナー3Aでとんでもない“暴投”が生まれた。右投手がリリースする際に誤って勢い良く三塁方向へ。まるでボールが消えたかのように、敵も味方も思わず動きが止まった珍事の瞬間を、球団が動画付きで公開。ファンから「ボールはどこへ行ったの??」と驚きの声が上がっている。

米大リーグのマイナー3Aでとんでもない“暴投”が生まれた【写真:Getty Images】
米大リーグのマイナー3Aでとんでもない“暴投”が生まれた【写真:Getty Images】

3Aで生まれた右腕の“珍暴投”に脚光「すまない、君は最高だ」

 米大リーグのマイナー3Aでとんでもない“暴投”が生まれた。右投手がリリースする際に誤って勢い良く三塁方向へ。まるでボールが消えたかのように、敵も味方も思わず動きが止まった珍事の瞬間を、球団が動画付きで公開。ファンから「ボールはどこへ行ったの??」と驚きの声が上がっている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 野球界に生まれてきた暴投でも、屈指の“珍暴投”と言っていいかもしれない。まさかの1球で話題を呼んでしまったのは、アストロズ傘下3Aフレズノ・グリズリーズの右腕ディーン・ディーツだ。27日(日本時間28日)のエンゼルス傘下3Aのソルトレイク・ビーズ戦、9-8で迎えた8回無死一塁の場面だった。

 マウンドに立った背番号24はセットポジションから左足を上げ、思い切り右腕を振った。渾身の1球を投げ込む、まさにその瞬間だった。右手から白球が離れた。それも、あろうことか勢いそのまま、ほぼ真横に三塁方向へ飛んでいったのだ。

 打者も捕手も一瞬、何事が起こったのかと動きが止まり、ボールの行方を視線で追った。当のディーツはマウンド上で指先を見つめていたが、慌てる素振りもなく、平然とした様子で味方からボールを受け取っていた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー