[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

凡ミス→鬼肩レーザー送球、“一人珍プレー好プレー”に米驚愕 「信じられない男だ」

米大リーグで自らのミスを自らのレーザー送球で取り返す、まさに“自作自演”プレーが話題を集めている。ドジャースのヤシエル・プイグ外野手の一人珍プレー好プレーを、MLBが公式インスタグラムで公開。ファンからは「本当に信じられない男だ」などと驚愕の声が上がっている。

ドジャースのヤシエル・プイグ【写真:Getty Images】
ドジャースのヤシエル・プイグ【写真:Getty Images】

ドジャースのプイグが自らのミスを帳消しにするレーザー送球披露

 米大リーグで自らのミスを自らのレーザー送球で取り返す、まさに“自作自演”プレーが話題を集めている。ドジャースのヤシエル・プイグ外野手の一人珍プレー好プレーを、MLBが公式インスタグラムで公開。ファンからは「本当に信じられない男だ」などと驚愕の声が上がっている。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 26日(日本時間27日)の本拠地パドレス戦。2点リードで迎えた4回表の守りだった。2死一塁の場面でパドレスのアーリンの打球は右翼のプイグの元への飛んだ。ボールの勢いこそあれ、いわゆる普通のライト前ヒットの当たりだったが、プイグはグラブの土手に当てて弾いてしまったのだ。

 中堅方向へ転がるボールを慌てて追いかけるプイグ。動きを見て、当然のように一塁走者のマーゴットは再加速し、二塁を回って三塁へ向かった。だが、プイグの見せ場はここからだった。

 ボールを拾うと、ノーステップで三塁へ送球。このボールがえげつなかった。ノーバンのストライク送球。まさにレーザービーム炸裂で、頭から滑り込んだマーゴットを楽々アウトにしてみせたのだ。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集