[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

試合前って何を食べたらいいの? ベストのタイミングは何時間前かというと…

人間の体は筋肉や肝臓に蓄えられたグリコーゲンという物質をエネルギー源として活動しています。枯渇すると集中力の低下や疲労を招き、パフォーマンスを維持できなくなります。ですから、試合前はできるだけたくさん、グリコーゲンを蓄えることが必要です。

体を動かすエネルギー・グリコーゲンを筋肉にチャージ

 人間の体は筋肉や肝臓に蓄えられたグリコーゲンという物質をエネルギー源として活動しています。

 もちろん運動時も、グリコーゲンを消費しながら、体を動かします。人間の体を車に例えると、グリコーゲンはまさに、ガソリン。枯渇すると集中力の低下や疲労を招き、パフォーマンスを維持できなくなります。ですから、試合前はできるだけたくさん、グリコーゲンを蓄えることが必要です。

 グリコーゲンの主材料は、ご飯やパスタなどの炭水化物に含まれる糖質。試合中、ガス欠にならないよう、試合前日は炭水化物を多めに摂り、できるだけたくさんのグリコーゲンを筋肉にチャージしましょう。

 試合当日も炭水化物を中心にバランスの良い食事を摂ります。未消化のまま試合に臨むと調子を崩すので、試合の3~4時間前には食事を終わらせましょう。もし、試合の直前にもエネルギーを補充したい場合は、試合の1時間前までに、バナナや果汁100%ジュース、栄養補助食品のゼリーなど消化の良いものを摂ります。

 また、試合時は発汗により体内の水分も大量に失われます。試合の前から、水分補給もこまめに行ってください。

 試合の3~4時間前に糖質が中心のバランスの取れた食事で、筋肉にエネルギーのもとをチャージ!

(情報提供:大塚製薬)

(THE ANSWER編集部)