[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「この日のスターはトーレス」 J1初ゴールのダイビングヘッド弾に母国紙も称賛

サッカーJ1鳥栖の元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスが26日のホームG大阪戦でJ1初ゴールをマーク。後半41分、右サイドからのクロスボールをダイビングヘッドで合わせてゴールネットを揺らした。また2アシストも記録。チームの全3得点に絡んだ“神の子”のプレーを、母国スペインメディアも称賛している。

サガン鳥栖でのリーグ初ゴールを決めたフェルナンド・トーレス【写真:Getty Images】
サガン鳥栖でのリーグ初ゴールを決めたフェルナンド・トーレス【写真:Getty Images】

天皇杯に続いて公式戦2戦連発、“神の子”のゴールに母国も注目

 サッカーJ1サガン鳥栖の元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスが26日のホームG大阪戦でJ1初ゴールをマーク。後半41分、右サイドからのクロスボールをダイビングヘッドで合わせてゴールネットを揺らした。また2アシストも記録。チームの全3得点に絡んだ“神の子”のプレーを、母国スペインメディアも称賛している。

【特集】一瞬で恋に落ちた新体操、その魅力「1回見たら好きになってもらえる」 / 新体操・畠山愛理さんインタビュー(GROWINGへ)

 待望のゴールは2点をリードした後半41分だった。右サイドのMF福田からのクロスボールに、完全にフリーとなったトーレスはダイビングヘッドで合わせた。GKは触ることすらできない。J1初ゴールに、トーレスは膝立ちのまま両手で弓を射る、おなじみのゴールパフォーマンスも披露した。

 22日の天皇杯4回戦・神戸戦に続いて公式戦で2試合連続ゴール。状態を上げてきたトーレスの躍動を、スペイン紙「マルカ」は「フェルナンド・トーレスが日本で1得点と2アシストを記録」とレポートしている。

「日曜日にサガン鳥栖はガンバ大阪を下した、この日のスターはトーレスとなった。アトレティコ・マドリードで育った選手は2ゴールをお膳立てし自分自身でも1ゴールを挙げた」

 後半3分にFW小野、続いて14分にも中距離のパスを通してFW金崎のゴールをアシストしたことも伝えた上で、「試合終了間際の後半41分にはフクダのクロスをヘッドで合わせてチームの3点目を挙げた」とゴールシーンを紹介している。

 日本で躍動するスペインの元スター。遠く離れたスペインからも熱視線が送られているようだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1、J2、J3「全試合中継」ダゾーン独占
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集