[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

急遽登板の野手が強打者幻惑 球種不明の遅球で豪快三振シーンに米困惑「野球は複雑」

わずか10球で三者凡退、Cut4は「なんとも打ちにくい球だ」と称賛

 MLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」も公式サイトでこの対決をレポート。「ユーティリティ選手、ブランドン・ディクソンが、ホセ・ラミレスを67マイルのカッターで打ち取る」と題して特集している。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 ディクソンが今季、一塁、右翼、左翼、二塁、三塁でプレーしたという驚異のユーティリティぶりを紹介。9回のマウンドではリンドーアをポップフライ、ブラントリーをフライアウト、そしてこの4打数3安打で本塁打を打っていたラミレスは3球で三振斬りしたことを伝えている。

「しかし、ただの3球では無かった。3球の浮かぶようなカッターは、『最速』74.5マイル、最後の一球は66.9マイルであった。なんとも打ちにくい球だ」

 記事ではカットボールだが、MLB公式サイトではカーブと紹介されている投球。ようは判別不能の遅球を操り、強打者を仕留めたディクソンは試合後、こう話しているという。

「(ベンチコーチの)パット・ケリーから8回の時点で登板の可能性があると聞かされていて、それから実際に9回に投げるように言われたんだ。正直なところ、大量失点をする前に、いくつかアウトを奪えればと思っていたよ。こういった試合で長いことフィールドにいたい選手なんていない。だからストライクを投げてアウトを奪おうと思っていたよ」

 言葉通り、見事10球で三者凡退に仕留めた。また記事ではこの回、投手のマイケル・ローレンゼンが右翼の守備にもついていたことも紹介している。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集