[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • ウッズ、惜敗の裏で脚光 米ファンが「彼もついに大人になった」と感激した行動とは

ウッズ、惜敗の裏で脚光 米ファンが「彼もついに大人になった」と感激した行動とは

海外ゴルフの4大メジャー最終戦、全米プロゴルフ選手権最終日は12日(日本時間13日)、元世界ランク1位のタイガー・ウッズ(米国)は「64」の猛チャージを演じ、首位と2打差の2位。惜しくも復活のメジャーVを逃したが、ラウンドの一流の振る舞いが反響を呼んでいる。

惜しくも復活のメジャーVを逃したが、ラウンドの一流の振る舞いが反響を呼んでいるタイガー・ウッズ【写真:Getty Images】
惜しくも復活のメジャーVを逃したが、ラウンドの一流の振る舞いが反響を呼んでいるタイガー・ウッズ【写真:Getty Images】

2打差で惜敗後に見せた“祝福の抱擁”が話題「ただただ素晴らしい」

 海外ゴルフの4大メジャー最終戦、全米プロゴルフ選手権最終日は12日(日本時間13日)、元世界ランク1位のタイガー・ウッズ(米国)は「64」の猛チャージを演じ、首位と2打差の2位。惜しくも復活のメジャーVを逃したが、ラウンドの一流の振る舞いが反響を呼んでいる。優勝したブルックス・ケプカ(米国)を待ち構えて抱擁。感動的なシーンを米レポーターが動画付きで公開すると、米ファンに「タイガー2.0」「彼もついに大人になった」「ただただ素晴らしい」などと感激の声が広がっている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 なんとも印象的なシーンだった。全米オープンに続く優勝を決め、18番ホールから引き揚げてくるケプカ。細い通路を通って、その先に待っていた赤いシャツ、黒のパンツ。ウッズだ。がっちりと握手を交わし、笑顔を見せるとそのまま抱擁を交わした。2打差で惜しくも優勝を逃したウッズ。それでも、勝者を称えるためにリッキー・ファウラー(米国)らと待っていたのだ。

 ウッズの一流の品格が表れるシーンについて、米ゴルフチャンネルのレポーター、トット・ルイス氏が公式ツイッターにこうつつっている。

「PGA選手権後、ケプラをクラブハウス前で最初に祝福したのは、タイガー・ウッズだった。私はタイガーが、優勝した対戦相手を待っていたという光景は見たことがなかった。素晴らしい品格が垣間見えた光景であり、ケプラにとっても特別な瞬間となったはずだと思う」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー