[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 前回銅のソノカム組、2大会連続メダルへ準備万端 嘉村「あとは試合に臨むだけ」

前回銅のソノカム組、2大会連続メダルへ準備万端 嘉村「あとは試合に臨むだけ」

バドミントンの世界選手権(30日~、中国・南京市)に出場する日本代表が29日、試合会場での最終調整を行い、男子ダブルスで前回銅メダルの嘉村健士(トナミ運輸)は「合宿中からコンディションはとても良いので、あとは試合に臨むだけ」と準備万端をアピールした。ペアを組む園田啓悟(トナミ運輸)も「もうすぐ試合が始まるので、もっと気持ちを盛り上げていきたい」と臨戦態勢を強調した。

世界選手権2大会連続メダルに挑む園田、嘉村の「ソノカム」ペア【写真:Getty Images】
世界選手権2大会連続メダルに挑む園田、嘉村の「ソノカム」ペア【写真:Getty Images】

園田、嘉村組が最終調整、前回の銅メダルを超えられるか

 バドミントンの世界選手権(30日~、中国・南京市)に出場する日本代表が29日、試合会場での最終調整を行い、男子ダブルスで前回銅メダルの嘉村健士(トナミ運輸)は「合宿中からコンディションはとても良いので、あとは試合に臨むだけ」と準備万端をアピールした。ペアを組む園田啓悟(トナミ運輸)も「もうすぐ試合が始まるので、もっと気持ちを盛り上げていきたい」と臨戦態勢を強調した。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 園田、嘉村の「ソノカム」ペアは、前回大会で銅メダルを獲得。日本の男子ダブルスが世界のトップクラスで戦えることを示した。2016年のリオデジャネイロ五輪で日本の女子がダブルスで金、シングルスで銅を獲得して以降、日本男子のけん引役を務めて来た一面もある。今大会には、第5シードでエントリー。2回戦からの出場で、初戦はタイ人ペアとロシア人ペアの勝者が相手となる。

 勝ち上がれば、準決勝で優勝候補のマルクス・フェルナンディ・ギデオン、ケビン・サンジャヤ・スカルムジョ組(インドネシア)と対戦する可能性がある。国際大会における対戦成績は、3勝4敗。大きな壁を破れば、前回の成績を超えることができる。もちろん、まずはその舞台まで勝ち上がらなければ快挙はない。嘉村は「気持ちの面を整えて、初戦で足をすくわれないように気持ちを入れて戦いたい」と気を引き締めていた。

1 2
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー