[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

伊藤雅雪、猛打で“下剋上の王座奪取” 海外絶賛「スーパースターになる新王者」

プロボクシングのWBO世界スーパーフェザー級王座決定戦12回戦は28日(日本時間29日)、同級2位の伊藤雅雪(伴流)が同級1位クリストファー・ディアス(プエルトリコ)に3-0の判定勝ち。本場米国で番狂わせを演じ、世界初挑戦で下剋上を達成した。米メディアは現地が熱狂した激闘の模様を動画付きで公開。「スーパースターになるであろう新王者」「四面楚歌の中で番狂わせを決めた」と絶賛の声が上がっている。

本場米国で番狂わせを演じ、世界初挑戦で下剋上を達成した伊藤雅雪【写真:Getty Images】
本場米国で番狂わせを演じ、世界初挑戦で下剋上を達成した伊藤雅雪【写真:Getty Images】

無敗の世界1位を撃破、米メディア絶賛「四面楚歌の中で番狂わせ」

 プロボクシングのWBO世界スーパーフェザー級王座決定戦12回戦は28日(日本時間29日)、同級2位の伊藤雅雪(伴流)が同級1位クリストファー・ディアス(プエルトリコ)に3-0の判定勝ち。本場米国で番狂わせを演じ、世界初挑戦で下剋上を達成した。米メディアは現地が熱狂した激闘の模様を動画付きで公開。「スーパースターになるであろう新王者」「四面楚歌の中で番狂わせを決めた」と絶賛の声が上がっている。

【特集】「夢を与えてあげてください」世界一を知る名将が日本の指導者に贈る言葉(GROWINGへ)

 本場・米国で番狂わせを演じた。伊藤が23戦無敗の猛者を圧倒。米興行大手トップランクは公式ツイッターで激闘の様子を公開している。2回には強烈な右フックが顔面を捉え、猛烈なラッシュ。終盤10回にも左ストレートから連打を見舞い、相手母国に近い米国のファンが立ち上がって絶叫していた。

 米スポーツ専門局「ESPN」は「マサユキ・イトウが判定勝ちで空位のスーパーフェザー級王座に」と見出しを打って特集。「全ラウンドで激しい打ち合いとなった素晴らしい戦いの末、マサユキ・イトウは、ここまで無敗のクリストファー・ディアスを破り空位となっていたスーパーフェザー級のタイトルを獲得した」と称賛している。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集