[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • グリーズマン、得点後の奇妙なダンスパフォーマンスを“封印”した理由とは?

グリーズマン、得点後の奇妙なダンスパフォーマンスを“封印”した理由とは?

サッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会は6日、準々決勝を行い、フランスはウルグアイに2-0で勝利。後半16分にFWアントワーヌ・グリーズマンが無回転ミドル弾を叩き込んだ。しかしその後、おなじみのゴールパフォーマンスを行わず。米メディアが理由を明かしている。

ゴール後に笑顔を見せなかったアントワーヌ・グリーズマン【写真:Getty Images】
ゴール後に笑顔を見せなかったアントワーヌ・グリーズマン【写真:Getty Images】

仏のエースがウルグアイ戦でのゴール後にパフォーマンスを“封印”

 サッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会は6日、準々決勝を行い、フランスはウルグアイに2-0で勝利。後半16分にFWアントワーヌ・グリーズマンが無回転ミドル弾を叩き込んだ。しかしその後、おなじみのゴールパフォーマンスを行わず。米メディアが理由を明かしている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 グリーズマンが左足で度肝を抜いた。後半16分、エリアの外、左45度付近から左足を振りぬいた無回転シュートは、GKフェルナンド・ムスレラの直前で大きくブレ、鋭く曲がりながら沈んだ。ムスレラが弾いたボールはゴールの中へ吸い込まれた。

 この後だった。最近は人気ゲーム「フォートナイト」に由来した奇妙なダンスを繰り出していたグリーズマンだが、この日はパフォーマンスどころか、笑顔も見せることもなかった。その理由は、ウルグアイに対する思いと、所属先のアトレチコ・マドリードのチームメートの存在にあったようだ。

 米スポーツ専門局「ESPN」は「アントワーヌ・グリーズマンが“友人達”ウルグアイ戦でのパフォーマンス省略を説明する」と題して特集記事を展開している。

「グリーズマンは笑わず、トレードマークのダンスも披露しなかった。フランスのスターはウルグアイと多くの縁があり、ナイタン・ナンデスが彼を『半分ウルグアイ人』と呼ぶほどだった」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー