[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

グリーズマン、得点後の奇妙なダンスパフォーマンスを“封印”した理由とは?

「ピッチ上では祝いたくなかった」

 記事では、アトレチコでのチームメートである、DFディエゴ・ゴディンとDFホセ・ヒメネスとの対戦したことも感情を複雑にさせたようだと説明している。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 同メディアはフランスのテレビ局「TF1」のインタビューに応えるグリーズマンのコメントも紹介。

「ピッチ上では祝いたくなかった。とても嬉しかったけど、(アトレティコの)チームメイトのことを考えると悲しくもあった」
「ウルグアイと戦うのは自分は初めてで、たくさんの感情があふれた」
「自分は友人達とも対峙していたから、敬意を払ってゴールを祝わないことが普通だと感じた」
「(ウルグアイの)ゴールキーパーがミスしたのを見るのはつらかったか? いいや、あれは僕のチームの助けになったからね」

 このようにコメントしていたことを伝えている。

 グリーズマンにとって、ウルグアイは特別なチームだった。喜びを爆発させるよりも、相手への敬意を忘れない。これもまたスポーツマンシップの、一つの形だろう。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集