[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 「最高の紳士」 イングランド指揮官の“振る舞い”の反響拡大 英メディアも称賛

「最高の紳士」 イングランド指揮官の“振る舞い”の反響拡大 英メディアも称賛

サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は決勝トーナメント1回戦でイングランドがコロンビアを1-1(PK4-3)で破り、8強進出を決めた。120分では決着がつかず、最後はPK戦の末の激闘を制したイングランド。ガレス・サウスゲート監督が、PKを外したコロンビア選手を慰めるシーンがファンの感動を呼んでいたが、英メディアも言及。指揮官の行動を称賛している。

イングランド代表監督のサウスゲート【写真:Getty Images】
イングランド代表監督のサウスゲート【写真:Getty Images】

PK失敗したコロンビア選手をサウスゲート監督が慰めるシーンの反響が拡大

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は決勝トーナメント1回戦でイングランドがコロンビアを1-1(PK4-3)で破り、8強進出を決めた。120分では決着がつかず、最後はPK戦の末の激闘を制したイングランド。ガレス・サウスゲート監督が、PKを外したコロンビア選手を慰めるシーンがファンの感動を呼んでいたが、英メディアも言及。指揮官の行動を称賛している。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

 激闘を終えた後は、フットボールを愛する者同士だ。そんな思いが指揮官を動かした。120分間でも決着がつかず、PK戦に突入。その4人目だった。コロンビアDFマテウス・ウリベは、シュートをクロスバーに当てて外してしまった。続く5人目も外して、イングランドの勝利が決定した。

 敗戦のショックを背負い、顔を覆いむせび泣くウリベ。そこにイングランドを率いるサウスゲート監督は歩み寄ると、そっと肩を抱き寄せ、慰めた。死闘を制し、喜びを爆発させたい思いをぐっとこらえて、失敗した相手を気遣うシーンは、まさにスポーツマンシップに溢れた行動だった。

 感動的なシーンをアップした英ジャーナリストのツイッターには「真の英国紳士」「素晴らしい手本」などの書き込みが相次ぐなどファンの感動を呼んでいたが、英紙「デイリー・メール」も、美しい場面に言及している。

「サウスゲートは覚えているであろう、当時の監督だったテリー・ヴェナブルズが1996年に彼を慰めた事を。そしてファンも22年前のあのシーンと似ている事に気付いたであろう」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー